当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2018年10月14日日曜日

IBM Notes V10をインストールしてみました

みなさん、こんにちは。
IBM Notes/Domino V10使ってますか?
え?まだリリースされたばかりで使ってない!?
そうですよね。そんなに簡単にバージョンアップできたら苦労しないですよね。
もっとも、これはIBM Notes/Dominoに限った話ではありません、どんなアプリケーション/ソフトウェアもバージョンアップは苦労するものです。
それでもIBM Notes/Domino V10は下位互換を大事にしているソフトウェアなので、比較的簡単にバージョンアップができるものです。

移行やバージョンアップを検討する場合は、下位互換なども考慮して考えるとよいでしょう。

さて、今回はNotesクライアントのインストールについて見ていきます。
ベータ版の時にも触れていますのでそちらも参考にしながら読んでください。
IBM Notes V10 Beta 1をインストールしてみました

IBM Notes V10もベータ版の環境に上書きしたものと新規にインストールしたものと2種類の環境がありますが、こちらは違いがありませんでしたので、新規インストールの情報を元に説明していきます。
なお、私の仕事柄、Notesクライアントといいつつ、Domino Designer、Domino Administrator付きでインストールを行っていますので、皆さんとは若干違うかもしれませんがご了承ください。

こちらがインストーラの起動時の画面です。
インストーラ起動時の画面

大きく変わった箇所といえば、インストール機能から「フィードリーダー」が消えていました。
インストール機能

フィードリーダーは、Notesクライアント(スタンダード版)のサイドバーパネルに表示できるRSSフィードリーダーのことです。
フィードリーダー(IBM Notes 9.0.1のもの)

なくなるという話は聞いていましたが、実際になくなったのはちょっと悲しいですね。

それ以外では変わった箇所は見つけられませんでした。
なお、インストールにかかった時間は15分程度でした。少し早くなったのかな?

ショートカットアイコンを見てみると・・・
やはりこちらもまだ青かったです。いつかは黄色になるのでしょうか?
青いショートカットアイコン

こちらのクライアント、前回構築したDominoに接続する形でセットアップしましたが、
ベータ版の時と変わらなかったので説明は割愛します。

そして、Notesクライアントを起動したときの画面がこちらです。
Notes V10の初期画面

一見、9.0.xと変わらない!と思ったあなた、不正解です!
よく見ましょう。
9.0.xの時は、
「IBM Notes Social Edition」と表示されていましたが、今回は「IBM Notes」だけです!
Social Editionではなくなりました。
What's Newの説明も変わっていますね。

せっかくなのでバージョン情報も見てみましょう。
バージョン情報

ちゃんとRelease 10.0.0になっています。
デスクトップも見てみましょう。
デスクトップ画面

すでにいくつかのNotes DBアイコンを追加しています。
beta1の時とは背景画像が異なっていますが、この背景はbeta2と同じものです。

beta1では、現在選択されているタブがどこなのかとてもわかりにくかったですが、
V10では現在選択されているタブが、タブ名の上になっています。
これは背景画像に影響を与えないようにするためでしょうか?それでも、十分にわかるのでよいでしょう。(ちなみにNotes 9.0.xの時はタブ名の下でした)


インストールについての話なので、これくらいにしておきましょう。
続きは、またの機会(あれば・・・)としましょう。


それでは今日はこの辺で・・・





Notes/Dominoで困ったことがあれば、弊社にお問い合わせください。
IBM Championの私が承ります!
お問い合わせはこちらから→Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: