当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2018年10月14日日曜日

IBM Domino V10をインスト―ルしてみました

みなさん、こんにちは。
先日、2018年10月10日にIBM Notes/Domino V10がリリースされましたね!

ベータ版を使っていた感触からすると、せいぜい、正式リリースの日を発表であって、まさかリリースするとは夢にも思っていませんでしたので、驚き桃の木山椒の木です!

といっても、まだ英語版のみで、日本語版は12月にリリースの予定です。
日本語メニューやテンプレート、DJXで楽しみたい方はもう少しお待ちください。

かくいう私も主環境は日本語版を利用しているので、今回の英語版は評価用の環境にインストールすることにしました。

ベータ版の環境に上書きインストールしてみたところ、なぜかプログラムディレクトリの変更ができてしまいました。
通常であれば、プログラムディレクトリ/データディレクトリは固定になり、変更ができないはずなのですが…
まぁ、ベータ版の環境が普通でないと考えておきましょう。
上書きインストールでのプログラムディレクトリ指定

ただし、ちょっと不穏な気がしないでもないので、新規にWindows Server 2016の上に、IBM Domino V10を新規インストールした環境も用意しました。


インストーラを起動したときの画面がこちらです。
新規インストールの初期画面

ベータ版(beta1)の時は画像が9.0.xのものでしたが、リリース版らしくV10用の画像に差し替えられていますね。
ですが、インストールのオプションはベータ版の時と何ら変わりはありませんでしたので、
IBM Domino V10 Beta 1をインストールしてみました
を参照してください。
インストールに要した時間ですが、全部で10分弱というごく短い時間でした。
マシンの性能にもよると思いますが、この時間を基準として考えていただいて良いものと思います。

#domino2025 (現在のハッシュタグは、 #dominoforever #ずっとノーツ です)で紹介されてから黄色と黒をテーマカラーとしていましたが、残念ながらショートカットアイコンは青いままでした(笑)
IBM Domino V10のショートカットアイコン


評価用の環境ということで、シングルサーバーとして構築しました(クラスタのテストとかそんな余裕はない・・・いろんな意味で)
ということで、インストールとセットアップを済ませたので、早速起動してみました。
バージョン情報はこちら!
Domino V10のバージョン情報

ベータ版のときは、「Build V10000~」となっていましたが、正式版なので、「Release 10.0」となっています。気持ちいいですね!

Domino Console自体のバージョン情報も見てみましょう。
Domino Consoleのバージョン情報
はい。Domino 10になってますね・・・
って、ビルド情報!!!
V901_08222013って・・・9.0.1の時から変わってないのか・・・
良いような悪いような(笑)

といったところで、次回はNotesクライアントのインストールについて見てみましょう。
ベータ版と何が違うのか(もしくは違わないのか)を中心に書いていきます。


それでは今日はこの辺で・・・





Notes/Dominoで困ったことがあれば、弊社にお問い合わせください。
IBM Championの私が承ります!
お問い合わせはこちらから→Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: