投稿

Notes DB連携を試そう2

イメージ
皆さん、こんにちは。


今日もDomino VoltのNotes DB連携についてです。 Notes DB連携を試そう1
では、ビューエントリーのリストについて試してみました。 今回は、ビューエントリーの検索(画面上では「表示エントリーの検索」)を試します。

連携するNotes DBは前回と同じものを利用します。


今日のDomino Voltのアプリケーションのフォームはこんな感じにしてあります。
「表示エントリーの検索」なので、結果が1文書の場合と複数文書の場合が想定できます。 なので、それぞれのパターンを実装してみます。

まずは[商品の検索]ボタンにサービスを設定します。 ボタンのプロパティからonClickイベントを開きます。 onClickイベントの画面で「サービスの呼び出し」にチェックをつけて、「サービス構成の追加/編集」をクリックします。
「Domino データベースから選択」をクリック、データベースの選択では、「商品テーブルDB」を選択、サービスの操作では「表示エントリーの検索」を選択、 ビューの選択では「商品コード順」を選択します。

ここまで設定できたら[次へ]をクリックして、入力タブに移動します。 ソースの選択は画面上の「商品コード」フィールドを選択、ターゲットの選択は「検索値」を選択して、これらを関連付けます。 ※ソート順やソート方向はビューに設定されているキー列(ソートされている列)とは違う列で検索したいときに使うものなので今回は設定しません。

設定したら[次へ]をクリックして出力タブに移動します。 ソースの選択が「表示エントリーの検索」の結果になります。 よく見ると、「最初のエントリー~」というのと「ビュー・エントリー」というのに分かれています。 商品コードはこのNotes DB内ではユニーク(な設定)にしてあるので、検索結果は必ず1件(もしくはゼロ件)になります。 そのため、ソースの選択では「最初のエントリー/商品名」「最初のエントリー/商品カテゴリ」を選択します。 ターゲットの選択では「商品名」「商品カテゴリ」を選択して、それぞれを関連付けます。

ここまで設定できたら[OK]をクリックして確定させます。 これで商品コードを入力して[商品の検索]ボタンをクリックしたら、該当する文書の商品名と商品カテゴリがセットされるはずです。
ということで実行結果を見てみましょう。

画面が表示されたら、「…

Notes DB連携を試そう1

イメージ
皆さん、こんにちは。
暑いですね。くれぐれも熱中症などにならないように気をつけましょう。

今日もDomino Volt 1.0.1の新機能についてです。 今回から4回に分けて、「Notes DB連携」の方法について見ていきます。
何のことはない。Notes DB連携の方法が4種類あるからです。
1回目の今日は「表示エントリーのリスト」を試してみます。
その前にまず、連携するNotes DBを用意します。

テスト用なのでシンプルにしました。 フィールドは「商品コード」「商品名」「商品カテゴリ」だけです。 文書数もたくさん登録するのが面倒なので5文書ほどにしてあります。 ビューは、フラットな「商品コード順」とカテゴリ分けしてある「カテゴリ別」のビューを用意しました。

対してDomino Voltのサンプルアプリケーションはこんなフォームにしてみました。

「表示エントリのリスト」というセクションには、2つの表と「カテゴリの選択」という入力用フィールドと[ビューエントリのリスト]というボタンが配置されています。
まずは一つ目の表にサービスを設定します。 フォームが表示されたときに、表にNotes DBの表示エントリーのリストを出力するようにしてみます。 表を選択して歯車アイコンをクリック、表のプロパティダイアログを表示させます。 「イベント」タブをクリックして、さらに「onShow」をクリックします。

onShowのダイアログが表示されるので、「サービスの呼び出し」にチェックをつけて、さらに「サービス構成の追加/編集」をクリックします。
「サービス構成」のダイアログが表示されるので、各項目を選択していきます。 まずサービスの種類は「Domino データベースから選択」にします。 「データベースの選択」では、データベース名もしくはデータベースのパスを入力すると候補が表示されるので、Notes DBを選択します。 ここでは、先ほど紹介した「商品テーブル」というNotes DBを選択します。
※Notes DBはDomino VoltをインストールしたDominoサーバーにないといけません。 「サービスの操作」は「表示エントリーのリスト」を選択します。 「ビューの選択」は連携したいビューを選択します。ここでは「商品コード順」のビューを選択します。

この「商品コード順」というビューは1列目が商品コードですでに昇順にソートされてい…

ダイナミックロール(動的な役割の割り当て)を試してみよう

イメージ
This article is about the result of validation of Domino Volt dynamic roles.

皆さん、こんにちは。 今日、8月3日はハチミツの日だそうです。ハチミツをかけたパンケーキが食べたくなります。おなか減ってますねw


今日もDomino Volt 1.0.1の新機能の検証です。
1.0.0でもワークフローは実装できましたが、誰でも承認できてしまうか、もしくはアプリケーション作成時に承認者を決めておくというちょっと情けない感じでしたが、今回のバージョンアップにより、承認者を動的に変更できるようになりました。
これで一気にワークフローアプリケーションが動かしたくなりましたね。
では、一体どのように設定するのでしょうか? 方法はいくつかあると考えられますので、そのうちの一つをサンプルとして見ていきます。

1.サンプルアプリケーション 今回のサンプルアプリケーションは交通費申請としました。
承認者と経理担当者を選択して、ワークフローをまわすと、それぞれのユーザーだけが処理をできるようにしました。
※ユーザーの選択部分については今回の趣旨から外れるので解説はしません。


2.ステージタブ
まずはワークフローを決定するため、ステージの設定を行います。
「発行済み」ステージの横にある歯車アイコンをクリックします。すると、「ステージ」プロパティの編集ダイアログが表示されるので、タイトルを「上長確認中」に変更します。 「拡張」タブを開き、「更新」ボタンの横の歯車アイコンをクリックして、タイトルを「承認」に変更します。「キャンセル」ボタンの横の削除アイコンをクリックして削除します。 さらに、「承認」アイコンの横にある追加アイコンをクリックして送信ボタンを追加します。送信ボタンのタイトルは「否認」にします。
※アクションごとのサービスはここでは設定しません。あとで設定します。

次に「上長確認中」ステージを選択した状態で、画面左部にある「+」ボタンをクリックします。

新しくステージが作成されるので、タイトルを「経理処理中」にしてアクションは「終了」だけにします。

これでワークフローのステージ設定ができました。

3.アクセスタブ
今度は、「アクセス」タブの設定を行います。 「1.役割の定義」をクリックして、このアプリケーションで利用する役割を決めます。 「管理者」「イニシエ…

ディレクトリサービスを試してみた3

イメージ
皆さん、こんにちは。 8月になり、関東地方は梅雨明けしました。8月の梅雨明けは13年ぶりだそうです。 我が家でも梅干し作りをしているので、これでなんとか干せそうでホッとしてます。

さて、Domino Voltの新機能を紹介していますが、今回はディレクトリサービスの最終回です。 過去の記事はこちらから参照してください。
ディレクトリサービスを試してみた1
ディレクトリサービスを試してみた2


今日は、「関連ユーザーを属性別に取得」の紹介です。
こちらの設定を確認してみましょう。 「入力」タブは下図です。

ターゲットを見ると、「ユーザー名またはメール」と「属性」になっています。 「ユーザー名またはメール」はそのままだと思いますが「属性」は何を指定すれば良いのでしょうか?
オンラインヘルプの Directory services
を見てみると「Standard user attributes」という項目があります。 どうやらユーザー文書内の項目を指し示しているようです。
さらに、出力タブのソースを見てみます。
ユーザー情報を取得できそうです。
つまり、入力で指定したユーザー名と属性を元に、検索したユーザー情報を取得するというものとなります。 ユーザー文書内で別のユーザーを取得できそうなものは、「上司」「マネージャー」くらいです。

上を踏まえて、こんなアプリケーションを作成してみました。
属性は、マネージャーもしくはアシスタントを選択できるようにしました。 さらに「ユーザー名」を入力して[属性でのユーザーの検索]をクリックすると、以下の結果になります。
どうでしょう。きちんとユーザー情報が取得できています。 このサービスで気をつけるべきところがいくつかあります。
まずは、当然のことながら、ユーザー文書の「上司」「アシスタント」欄にユーザー名が入力されていることです。 日本のお客様でここに値が入っているのはあまり確認したことがないので、実はこのサービスはあまり使われることはないのかも?とも思いますが、これを機に設定してみるのも良いかもしれません。
次に「属性」に入力する値です。そのまま「上司」や「アシスタント」と入力しても検索できません。英語で入力する必要があります。 「上司」は「Manager」なので、"Manager"と入力すれば・・・OKではありません。 なんと、"Manager"で…