当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任とします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。
xxのようなサンプルを作って欲しいとかxxxの作り方を教えて欲しいというお問い合わせには応じていません。
このようなお問い合わせは、株式会社エフまでご一報ください。

2008年5月23日金曜日

文書の作成

文書の作成のLotusScriptです。
バックエンドではなく、フロントエンドで文書を作成する場合です。
@Command([Compose];"フォーム名")でも代用できるが、その後にLotusScriptで処理をしたいという場合に
必要になるでしょうから、覚えておきましょう。

下記のサンプルは、新規文書を作成した後、指定したフィールドに値をセットするものです。

Sub Click(Source As Button)
    Dim uiws As New NotesUIWorkspace
    Dim uidoc As NotesUIDocument
    
    '1つめと2つめを省略すると(nullにする)、現在のデータベースが指定されることになる。
    Set uidoc = uiws.ComposeDocument( "", "", "MainTopic" )
    
    Call uidoc.FieldSetText( "Subject", "文書作成時にフィールドに値をセットできます" )
End Sub




0 件のコメント: