当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任とします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。
xxのようなサンプルを作って欲しいとかxxxの作り方を教えて欲しいというお問い合わせには応じていません。
このようなお問い合わせは、株式会社エフまでご一報ください。

2008年5月29日木曜日

指定した文字までの抜き出し

前回の予告通り、@Left関数のスクリプト版です。
指定した文字/文字列までを抜き出す関数としています、

呼び出し方法は次の通り。
strc = Extract( "検索文字列", "抜き出しまでの文字列" )

戻り値は、抜き出した文字列(String型)。抜き出せる文字列が存在しない場合は、""を返す。

Function Extract( stra As String, strb As String ) As String
    Dim i As Integer
    
    i = Instr( stra, strb )
    If i = 0 Then
        Extract = ""
    Else
        Extract = Left( stra, i - 1 )
    End If
End Function 



0 件のコメント: