「ファイルを開く」ダイアログを表示する

ファイルを開くダイアログを表示するという方法を紹介しよう。
@関数で言えば、@Prompt([LocalBrowse]~)に相当するのだが、LotusScriptの方がもう少し便利に使える。
ダイアログに表示するファイルの種類を、好きに指定できるのだ。

今回はサンプルを2つ用意した。
1つは、テキストファイル(拡張子がtxtとcsvのもの)を選択するもので、
もう1つは、ノーツDB(拡張子がnsfとntfのもの)を選択するものだ。

昨日の記事と照らし合わせてみてもらえると面白いだろう。

Sub Click(Source As Button)
    Dim uiws As New NotesUIWorkspace
    Dim ret As Variant
    
    ret = uiws.OpenFileDialog( False, "ファイルを開く", "テキストファイル|*.txt|CSVファイル|*.csv" )
End Sub




Sub Click(Source As Button)
    Dim uiws As New NotesUIWorkspace
    Dim ret As Variant
    
    ret = uiws.OpenFileDialog( False, "データベースを開く", "Notes Databases|*.nsf|Notes Templates|*.ntf" )
End Sub







Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

コメント