当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任とします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。
xxのようなサンプルを作って欲しいとかxxxの作り方を教えて欲しいというお問い合わせには応じていません。
このようなお問い合わせは、株式会社エフまでご一報ください。

2008年10月29日水曜日

「ファイルを開く」ダイアログを表示する

ファイルを開くダイアログを表示するという方法を紹介しよう。
@関数で言えば、@Prompt([LocalBrowse]~)に相当するのだが、LotusScriptの方がもう少し便利に使える。
ダイアログに表示するファイルの種類を、好きに指定できるのだ。

今回はサンプルを2つ用意した。
1つは、テキストファイル(拡張子がtxtとcsvのもの)を選択するもので、
もう1つは、ノーツDB(拡張子がnsfとntfのもの)を選択するものだ。

昨日の記事と照らし合わせてみてもらえると面白いだろう。

Sub Click(Source As Button)
    Dim uiws As New NotesUIWorkspace
    Dim ret As Variant
    
    ret = uiws.OpenFileDialog( False, "ファイルを開く", "テキストファイル|*.txt|CSVファイル|*.csv" )
End Sub




Sub Click(Source As Button)
    Dim uiws As New NotesUIWorkspace
    Dim ret As Variant
    
    ret = uiws.OpenFileDialog( False, "データベースを開く", "Notes Databases|*.nsf|Notes Templates|*.ntf" )
End Sub







Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: