時間の計算

時間の計算についてです。
今回紹介するTimeNumber関数は、二つの時間の差を計算するときに使えます。
NotesDateTimeクラスを使うことなく計算できるので、その分手軽です。

出勤時間と退勤時間の差を計算するときなどに使えそうですね。

Sub Click(Source As Button)
    Dim hh1, hh2 As Integer
    Dim mm1, mm2 As Integer
    Dim ss1, ss2 As Integer
    Dim tmp As Variant
    
    '最初の時間の入力
    hh1 = Inputbox( "最初の時を入力してください。", "時間の計算", Cstr( Hour( Now ) ) )
    mm1 = Inputbox( "最初の分を入力してください。", "時間の計算", Cstr( Minute( Now ) ) )
    ss1 = Inputbox( "最初の秒を入力してください。", "時間の計算", Cstr( Second( Now ) ) )
    
    '二番目の時間の入力
    hh2 = Inputbox( "二番目の時を入力してください。", "時間の計算", Cstr( Hour( Now ) ) )
    mm2 = Inputbox( "二番目の分を入力してください。", "時間の計算", Cstr( Minute( Now ) ) )
    ss2 = Inputbox( "二番目の秒を入力してください。", "時間の計算", Cstr( Second( Now ) ) )
    
    '時間の差を計算する(時、分、秒をそれぞれ差し引いた値をセットする)
    tmp = Timenumber( hh2 - hh1, mm2 - mm1, ss2 - ss1 )
    
    '時間の差を表示
    If tmp = 0 Then
        Messagebox "時間の差はありません。", 0, "時間の差"
    Else
        Messagebox "時間の差は" + Cstr(tmp) + "です。", 0, "時間の差"
    End If
End Sub


Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

コメント