当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任とします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。
xxのようなサンプルを作って欲しいとかxxxの作り方を教えて欲しいというお問い合わせには応じていません。
このようなお問い合わせは、株式会社エフまでご一報ください。

2008年12月22日月曜日

ビュー名の一覧を表示する

復帰第一弾です。
まだ、多少ぼけてるところがあるので、簡単なものにします。

DBのビューの一覧を取得するものです。
と言いつつ、フォルダも取得されるので、そこは注意してください。
フォルダは取得したくない場合は、NotesViewクラスのIsFolderプロパティが
Falseのものだけを取得すると良いでしょう。

サンプルはフォルダも含めて取得して、一覧をプロンプト表示するようにしています。

Sub Click(Source As Button)
    Dim session As New NotesSession
    Dim db As NotesDatabase
    Dim view As NotesView
    Dim i As Integer
    Dim sbj As Variant
    
    Set db = session.CurrentDatabase
    
    i = 1
    'db.Viewsは、データベースのビューを全部取得する(戻りは配列でくる)
    'どれだけの配列か分からないので、Forall関数で、繰り返し処理を行う(配列の回数分行う)
    Forall x In db.Views
        Set view = x
        'view.Nameで、そのビューの名前を取得する
        sbj = sbj & Cstr( i ) & ". " & view.Name & Chr$(13)
        i = i + 1
    End Forall
    
    Messagebox sbj, 0, "ビュー一覧"
End Sub




Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: