notes.iniの環境変数のセット

今日二発目です。
一発目がnotes.iniの環境変数の取得だったので、今度はnotes.iniの環境変数のセットをやってみましょう。

取得がGetEnvironmentVarだったのに対して、SetEnvironmentVarになります。

サンプルは、$TestDataという環境変数に"1"をセットするものです。
これを実行すると、notes.iniに
$TestData=1
という行が追加されます。

Sub Click(Source As Button)
    Dim session As New NotesSession

    '三つ目のパラメータにFalseを指定すると、環境変数名の頭に$をつけたものになる
    Call session.SetEnvironmentVar("TestData", "1", False )
End Sub




Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

コメント