ノーツDBをつくってみよう2 フォームを作成しよう(2)フィールドの作成

さて、前回フォームを作成しましたが、このままでは何もない真っ白なままですね。
次はフィールドを作成してみましょう。


作成方法は2つ。メニューから[作成][フィールド]を実行するか、ツールバーの[フィールドの作成]アイコンをクリックするかです(左図参照)。


すると、見慣れたインフォボックスが表示されますね。
何はともあれ、フィールド名には『Subject』と書きましょう。
フィールドの種類は『テキスト』『編集可能』ですね。
ここで、Notes/Domino8.5で利用できるフィールドの種類に変更がないか見てみましょう。
・・・どうやら増えたものはなさそうですね。



ついでに、フィールドのイベントを確認してみましょう。
左図の赤枠部分がSubjectフィールドのイベントです。入力チェックに関するイベントや、LotusScriptに関するイベント、さらにはJavaScriptのイベントがありますね。ここにも8.0との差異はなさそうですね。

さて、もっとフィールドを追加しましょう。
『Categories』と『Body』というフィールドを追加します。
『Categories』は、『ダイアログリスト』で『編集可能』、『複数値も可』にチェックをつけましょう。
『Body』は、『リッチテキスト』で『編集可能』にします。

また、フィールドだけ作成しても味気ないので、各フィールドの前にそのフィールドの意味を記述してみましょう。
Subjectの前に『件名:』、Categoriesの前に『分類:』、Bodyの前に『本文:』とします。

できあがりが、左図になります。

というところで次回に続きます(いつまでかかるんだろ・・・)。

コメント