投稿

8月, 2009の投稿を表示しています

文書を新規ウィンドウで表示する

イメージ
ビューで文書を選択した状態で、マウスの右クリックをすると、ポップアップメニューがひらくが、その中に「新規ウィンドウで開く」というのがある(下図参照)。



これを実現する@コマンドが@Command([OpenInNewWindow])である。

ヘルプには何も書いてないが、複数文書選択しても意味がない。
カーソルが当たっている場所の文書だけが対象になる。

こちらの思惑としては、選択した文書の数だけウィンドウが開いてくれるのかなぁ。なんて・・・
まぁ、1万文書選択されたら、それだけのウィンドウが開くのか?なんてことを考えれば当たり前とも言えるが・・・

プロンプト表示その2

イメージ
で、Messagebox関数の使い方について触れたが、この時は、Messagebox関数の戻り値としてどのボタンがクリックされたかをチェックするものだった。

今回は、Messageboxの見栄えを変更するための、定数を紹介する。
といっても、lsconst.lssをインクルードするのは同じ。
後は、Messagebox関数のオプションにMB_xxxxという値を設定するだけだ。

サンプルは、このオプション定数を使って、色々なダイアログを表示しているものだ。
どのような画面が表示されるかは、実際に実行して確認してみてほしい。


------------------------------------------------------------------------
%include "lsconst.lss"

Sub Click(Source As Button)
Messagebox "スクリプトで記述すると、色々なタイプのメッセージが表示できます。", MB_OK, "タイトル"
Messagebox "ダイアログに表示するアイコンも変化させられます。", MB_OK + MB_ICONEXCLAMATION, "タイトル"
Messagebox "ボタンの種類も変更できます。", MB_YESNOCANCEL, "タイトル"
Messagebox "アイコンとボタンの組み合わせも可能です。", MB_OKCANCEL + MB_ICONQUESTION, "タイトル"
End Sub


【PR】ノーツ/ドミノに関するお問い合わせは下記まで【PR】

ハッシュ関数とベリファイ関数

イメージ
ハッシュパスワードで、@関数のハッシュパスワードについては、サンプルを掲載したが、Lotus Scriptのサンプルは掲載していなかった。

ということで?、Lotus Scriptでのサンプルを載せる。

2回文字列を入力して、それぞれのハッシュ化内容が正しいかどうかを検証するというものだ。

ハッシュしたものだけをどこかに格納しておき、別に入力した文字列とベリファイするようにすれば、パスワードとして使えるだろう。
各自で、改造してみて欲しい。

---------------------------------------------------------------------------------------------
Sub Click(Source As Button)
Dim session As New NotesSession
Dim inputData As String 'ハッシュ化する文字列
Dim hashData As String 'ハッシュされた文字列
Dim confirmData As String '確認用文字列
Dim ret As Boolean 'ハッシュのベリファイ結果

' 文字列の入力
inputData = Inputbox( "文字列を入力してください。", "ハッシュ関数の確認" )
If inputData = "" Then Exit Sub

' 入力文字列のハッシュ化
hashData = session.HashPassword( inputData )

'確認用文字列の入力
confirmData = Inputbox( "確認用文字列を入力してください。", "ハッシュ関数の確認" )

'ハッシュ化文字列とのベリファイ
ret = session.VerifyPassword( confirmData, hashData )

'結果発表

IBM Working Smarter Forum 2009

忘れていましたが・・・IBM Working Smarter Forum 2009 - Japanに出ているように、9/8に赤坂プリンスホテル(大阪は、9/11に帝国ホテル)Working Smarter Forum 2009が開催されます。

今まで、LotusDayと呼ばれていたイベントですね。


筆者はすでに参加申し込み済みです。
例年、大勢の方がいらっしゃるようなので、できれば事前に申し込みをしておきましょう!
まだしてない。と言う方はこの記事を読み終わったら、すぐに登録しましょうね。

筆者は今年は、出展とかはしないので、会場をブラブラとしています。
プロフィールの似顔絵に似た奴に出くわしたら、一言声を掛けてやってください。

出展者の皆様も、見かけても逃げないでくださいね。