投稿

1月, 2010の投稿を表示しています

LocalTimeとLSLocalTimeの違い

イメージ
なかなかネタが見つからずに苦戦している筆者です。
困ったときは、日付ネタということで、今日は日付ネタです。

さて、その前に、今日もLotus Notes/Domino認知度、再向上のためのランキング協力をお願いします

ポンッと押してください。

ノーツのクラスにNotesDateTimeというクラスがあります。
この中に、現在の日時を返すLocalTimeと、LSLocalTimeというプロパティがあります。
違いは、ヘルプによると、StringもしくはDate形式で返すかというだけですが、実際のところはどうでしょう?

以下のようなサンプルを作ってみました。

Sub Click(Source As Button) Dim hiduke As NotesDateTime Dim sLocalTime23 As String Dim sLSLocalTime23 As String Dim sLocalTime00 As String Dim sLSLocalTime00 As String Dim sLocalTime01 As String Dim sLSLocalTime01 As String Set hiduke = New NotesDateTime( "2010/01/27 23:00:00" ) '23:00の時のプロパティ取得 sLocalTime23 = hiduke.LocalTime sLSLocalTime23 = hiduke.LSLocalTime '00:00の時のプロパティ取得 Call hiduke.AdjustHour( 1 ) sLocalTime00 = hiduke.LocalTime sLSLocalTime00 = hiduke.LSLocalTime '01:00の時のプロパティ取得 Call hiduke.AdjustHour( 1 ) sLocalTime01 = hiduke.LocalTime sLSLocalTime01 = hiduke.LSLocalTime Msgbox _ "23:00の時 " & Chr$(9) & sLocalTime23 & Chr$…

処理が正常に完了しません

イメージ
ブログの更新をお約束したにもかかわらず、いっこうに増やす気配のない筆者です。ごめんなさい。ホントにごめんなさい。
ちょうど現在、8.5以外のお仕事をしている関係上、なかなか8.5の情報が出せないでいます。

そんな筆者ですが、記事に移る前に、Lotus Notes/Domino認知度、再向上のためのランキング協力をお願いします

ポンッと押してください。


今回は、デザイナを使っていての不具合です。
LotusScriptがEclipseベースになったのはすでに紹介していますが、このために?いくつか不具合が発生しているようです。

エディタなので、何行ものコードを書いたり削除したりしているのですが、削除を何度も連続して行っていると、以下のようなダイアログが表示される事があります。


すごいですねぇ。
正常に完了しませんでした。って・・・

Domino Designer自身の不具合なのか、Eclipseの不具合なのかは分かりませんが、ちょっとへこみます。
8.5.2の話が出ているようですが、こういうところを直してくれないと、嫌になります。
せっかく、Designerもタダにしたんだから・・・

というところです。

では、また次回。

Lotus夜Day 2010年新年会でした

昨夜(1/14)は、Lotus夜Dayの2010年新年会でした。
昨年10月に行われたLotus夜Day2009は、諸事情により欠席したので、今回は、なんとか体調を整え参加する事ができました(実は、風邪を引いていて、病み上がりの状態でした)。

総勢17名という参加者が集まりました。
さすがに、みなさんNotes/Dominoに深い思い入れのある方ばかりで、新年会という場にもかかわらず、熱~い議論がされていました。

各人の今年の抱負を発表しましょう!ということになり、みなさんNotesやそれに付随した事を目標に掲げていらっしゃいました。
筆者の目標は、「このブログで、Lotus Notes 8.5.1を含む新バージョンが出たら、その製品の良いところを伝えていく」という事にしました。「毎日更新しろぉ!」なんて声も出ましたが、さすがにそれは・・・なので、許してください。ただ、昨年よりは更新回数を何とか増やすようにしたいと思います。


ちなみに・・・
残念ながら、当日の様子を写した写真は持ち合わせていないので、他のブロガーさんが書いてくれるであろう記事を参照してください(^^;

次回は、2/25(木)に開催の予定との事ですので、興味のある方は参加してくださいね。
ってまだ詳細は決まってないんですよねぇ。
決まったら、またお知らせします。

そう言えば、70,000アクセス突破してました!

イメージ
実は・・・ってほどの事ではありませんが、2009年の年末に累計アクセスが70,000を突破してました。
気がついたら6万突破してた・・・から約1.5ヶ月ですね。
やはり記事を書くと、到達が早いんですね。

これって、「さっさと記事を書けよ!」と暗に言われている気がするのですが・・・
まぁ、言われなくても書きますが。
まずは10万アクセスを一つの区切りとして、目指しましょう。

そのためには、新しい事をお伝えしていくことが重要ですね。
本来ならば、システム管理者向けの情報も書きたいところですが、何せ環境が貧弱なもので、そこはご勘弁ください。

それでは、

こちらをクリックしていただき、今後もよろしくお願いします。

年月の書式合わせ

イメージ
皆様、新年あけましておめでとうございます。
2010年になりましたね。東京は一日からずっと晴れていて、気持ちがよい日が続いています。

3月末でこのブログも丸2年になります。
巷では、3年4年と続けている方もいらっしゃるので、それに負けずに続けていきます。

記事に移る前に、Lotus Notes/Domino認知度、再向上のためのランキング協力をお願いします

ポチッと押してください。


と言いつつ、まだまだお正月気分も抜けていない方も多々いらっしゃると思いますので、簡単なところから紹介していきましょう。


日付の書式を整えるというものです。
2010年1月は2010/1、2009年12月は2009/12というように表記をする事がありますね。
このとき、1月は一桁で、12月は二桁と少々バランスが悪いです。
そこで、これらを一律月は二桁で表したいと言うときに実行する方法です。

tmpY := @Text(@Year(@Today)); tmpM := @Right("0"+@Text(@Month(@Today));2); @Prompt([Ok];"年月の書式合わせ";tmpY + "/" + tmpM)
ポイントとなるのは、月を算出するときに、頭に"0"をつけるところです。
こうすることで、一桁の数値でも強引に二桁にする事ができます。
ただし、このままでは、12月などは、"012"となってしまうので、@Right関数を使って
右から二桁だけを抽出するのです。


いかがでしょうか?簡単にできるので、試してみてください。

ちなみに筆者は誕生日は年月ともに一桁で、何かの書類に誕生日を書くときは、
頭に0をつけて書いています。なんか嫌な感じなんですけどね(^^


【PR】ノーツ/ドミノに関するお問い合わせは下記まで【PR】