投稿

2月, 2010の投稿を表示しています

Lotus夜Day 2010

イメージ
昨日は、「Lotusphere Comes to You 2010」の後に、Lotus夜Day2010が開催されました。

今回は、N-1グランプリと称して、Notes/Dominoをどれだけ知っているか、にどれだけ浸かっているかを決める大会がありました。

集まったのは、いつものメンバー(ごめんなさい^^;)でしたね。この人達は本当にLotus Notesが好きなんだろうなぁ。という感じの良い人たちです。

素顔をさらすのが嫌なので、ブログのプロフィールでは似顔絵にしていたら、見事にばれました(笑)→(【Notes】Lotus夜Dayおつかれさまでしたーっ )。
自分で言うのもなんですが、あの似顔絵は秀逸みたいです。なので、Lotus関連のセミナーで似顔絵そっくりの奴を見かけたら、お気軽に声をかけてくださいね。

さて、大会はNotes DBを使って、HTTP経由で行われました。なんとiPhoneでも動くように作られているんですね。筆者はそんな高尚なものは持ち合わせていないので、ノートPCで参加しました。
下の画面は、IEから見たときのトップ画面です(Copyright Chabozuさん)。


大会は、予選と決勝の2回行われました。問題はすべて4択形式で、予選は10問、決勝は予選の上位3名で3問という形でした。
問題は、幹事さんやIBMの方が作成したという選りすぐりの問題。
ちょっとNotes/Dominoに詳しいからと言って、解ける問題ではありません。
っていうか解ける方がおかしい問題ばかりでした。

ちなみに、iPhone を含む携帯端末からのアクセスということで、無線LANを構築しましたが、無線LANルータがなかなか言うことを聞いてくれなくて大変でした。
インフラ整備というのは大事なんだなぁ。ということを参加者皆さんが改めて知った時間でした。

さてさて・・・
大会はと言いますと、筆者は無事に?予選を通過しました。なんと7問も正解してしまいました。どんだけNotes/Dominoに浸かってるんだろう?と首をかしげた瞬間でした。
その他、Sさん、Oさんが決勝進出でした。さらに特別参加としてPonさんが決勝に進みました。

決勝の問題は以下の3問です。
サーバコンソールで、入力したコマンドを画面上に表示しないようにするためには、最初にどの文字を入力するのか?iPhoneでLotus Travelerを使って…

Lotusphere Comes to You 2010

昨日の2/25は、IBMさんの箱崎事業所で「Lotusphere Comes to You 2010」と題して、セッションが開かれました。
昨年は確か「Lotus Spring Forum」という名前で開催されていたと思います。
毎年恒例のイベントなんだから、名前は変えないで欲しいなぁ。と思いつつ、セッションを聞いていました。

セッションの内容については、資料がダウンロード可能になっているので、そちらを読んでください。
ダウンロードは、ibm.com/lctym90からできます。


あ。そういえば、このブログ、総アクセス数が80,000を突破してますね。記事が書けていないのに・・・
とりあえずの目標を10万アクセスに定めて頑張ります!

0:00:00の1時間後は0:00:00?

イメージ
約3週間ぶりの投稿です。ネタがないのが原因です。スミマセン。

今日は、またもや日付関係のネタです。Lotus Notes/Dominoはなんで、こんなに日付の取扱が難しいんでしょう。他の言語でも同じだとは思いますが、やはり骨が折れます。

久しぶりの投稿にもかかわらず、今日もお願いボタンです。

クリックすると、筆者が救われます(笑)。でも、1人1回で十分です。

今日は、日付フィールドを元にNotesDateTimeオブジェクトを生成したときのトラブルについてです。
日付フィールドを使う事は多々あるかと思います。
ノーツでは、日付フィールドは「日付のみ」「時刻のみ」「日付と時刻」という形の3種類作成する事ができます(そもそもこんな仕様が憎いんですけどね・・・)。
この中で、「日付と時刻」という形で作成すると、データは
2010/02/19 11:48:33 ZE9
というように格納されます。

実際に「testDateTime」というフィールドを作成して、その値を表示するサンプルプログラムとその結果です。念のため、文書を保存して、文書のプロパティでも確認してみました。
Sub Click(Source As Button) Dim uiws As New NotesUIWorkspace Dim uidoc As NotesUIDocument Dim udoc As NotesDocument Set uidoc = uiws.CurrentDocument Set udoc = uidoc.Document Msgbox _ "日時: " & udoc.testDateTime(0), _ MB_OK, "日時フィールドの値" End Sub




文書のプロパティでは、タイムゾーンが付いていますが、NotesDocument#GetItemValueメソッドでは、省かれていますね。どうも、GetItemValueは、タイムゾーンを自動で計算して表示するようです。


ここで、testDateTimeフィールドの値が2010/02/20 0:00:00だったとしましょう。
さて、NotesDocument#GetItemValueはどのような値を返すでしょう?

上の画面を見ていただくと分かるように、なん…