投稿

4月, 2010の投稿を表示しています

Lotus Domino 8.5 管理者ガイド

イメージ
今日(4/30)の東京の最高気温は20度。やや高めですが、春の気分が出ています。このまま連休中は晴れると良いですね。

晴れることを祈りつつ、ボタンをクリックしましょう。きっと願い事が叶います(<-嘘)



筆者は連休中は出かける用事がないので、お家でのんびりと過ごします。
でも、それだけで退屈なので・・・
ジャーン!

買ってきました!
筆者の地元には大きな書店がないせいか、発売日の昨日には見つけられませんでした。
ということで、本日、新宿のヨドバシカメラにて購入したのです(筆者の会社は、新宿御苑前付近にあります。詳しく知りたい方は、株式会社エフを参照願います)。


筆者のブログでも紹介した、DAOSIDボールトについても説明がきちんと出ていますので、参考にすると良いでしょう。


\4,700(税別)と少々お高いですが、それだけの価値は絶対にあります。
是非とも購入して、正しいLotus Domino 8.5の管理方法を学びましょう。


詳細は、Lotus Domino 8.5 管理者ガイドをご覧ください。


【PR】ノーツ/ドミノに関するお問い合わせは下記まで【PR】
単純なDBのカスタマイズから他アプリケーションとの連携までご要望にお応えします

PR: Lotus Notes/Domino関連のお仕事引き受けます

イメージ
このブログの読者は皆さん、すでにご存じだとは思いますが、筆者の会社ではLotus Notes/Dominoを中心としたビジネスを行っています。

丁度、参画していたプロジェクトが終了して、スケジュールに余裕ができました。
そこでお仕事を募集いたします。
下記のような案件がありましたら、どんな些細なことでも構いませんので、ご用命ください

Lotus Dominoの運用支援 サーバ運用管理のコツを教えます
Notes アプリケーション製造 既存のNotes DBのカスタマイズから、新規DBの開発(設計~導入フェーズまで可能)


興味がある方は、こちらまで、お気軽にお問い合わせください。




【PR】ノーツ/ドミノに関するお問い合わせは下記まで【PR】
単純なDBのカスタマイズから他アプリケーションとの連携までご要望にお応えします

Lotus iNotes 8.5.1 FP2対応

イメージ
もう4月も終わりですね。明日(4/29)からG/W突入と言うことで、4/30はお休みで7連休にするという方も多いのではないでしょうか?
筆者は、もちろん・・・4/30はお仕事です。
と言っても、現在関わっているプロジェクトはすべて無事に終了したので、時間は空いているのですが・・・

では本日の話題へと。
とその前に・・・恒例のボタンクリックをお願いしますね^^



本日の話題は、Lotus iNotesについてです。
IBMさんのサイトで、Lotus iNotes 8.5.1 Fix Pack 2 用の追加 DLL (dwabho.dll) について
という記事が出ていましたね。
ちょっと気になったので、どんなことが起きるのかな?と試してみました。

この記事の現象が発生するには、特定の条件があります。
ということで、まとめると以下のような感じでしょうか?(正しい条件は、リンク先を参照してください)
Lotus iNotesを「Internet Explorer」で使用するドミノディレクトリのサーバー設定文書で「ブラウザキャッシュ管理」を有効にしているLotus Domino 8.5.1 FP2を利用している累積用のHotFixは利用していない


【2.サーバ設定文書のブラウザキャッシュ管理の設定箇所】
これらの箇所を"有効"にしておくと発生するようです。


【3.Lotus Dominoのバージョン情報】
確かに、Lotus Domino 8.5.1 FP2となっています。



この状態で、IEを使って、Lotus iNotesを起動してみました。
すると、ログイン後にホーム画面が表示されますが、その時に下図のようなダイアログが表示されました。


インストールされただけなら、再起動すれば表示されなくなるかな?と思い、ログアウト後に再起動してみました。
すると、今度は下図のようなダイアログが表示されました。どうも、再起動のタイミングが早かったようです。


さらに、ログアウトしてブラウザを閉じた後、十分な時間を空けてから再起動してみましたが、やはり最初の「ブラウザキャッシュ管理がインストールされました。」というダイアログが表示されました。
・・・この後、何度も再起動してみましたが、同じメッセージが表示されました。

なるほど。こういう現象が起きるんですね。確かにこれは嫌ですね。
ちなみに、Lotus iNotes…

8.5.1で変わったところ その6

イメージ
一週間ぶりの投稿です。今日は8.5関連のネタです。

とその前に・・・筆者のやる気をアップさせる魔法のボタンをクリックしてください。



さて、今日は6.5(だったよね?)から追加された、メールの色分けの機能についてです。

この機能はみなさんご存じだと思います。そうです。送られてきたメールが特定のユーザからのものであれば、ビュー上でそのメールに色を付けるというものです。
この設定はメールのプリファレンス画面(8.0では、[設定])から行えるのですが、その画面がバージョンによってまちまちです。

ということで、各バージョンの画面を紹介しておきます。バージョンアップの際にどのように変わったのかなどを確認するのに利用してもらえれば幸いです。


7.0では「メッセージマーキング」という名称で、その中で[送信者]と[受信者]タブに分かれていました(下図参照)。



8.0では、アテンションインジケータという名称に変わり、一つの画面で送信者/受信者の設定ができるようになりました(下図参照)。


ところが、8.5では[送信者の色]と[受信者アイコン]という名称に変わってしまいました(下図参照)。分かりづらいですね・・・9.0では、また変わるんじゃないか?と嫌ぁな予感がします。
ただ、8.5で良くなったのは、送信者の色分け設定がそれまでの3つから10に増えたことです。
筆者もこの設定はよく使うのですが、3つしかないので、どういう風にグルーピングしようかというのをいつも迷ってました。さすがに10もあれば何とかなるでしょう。




機能が増えて便利になるのは良いのですが、インタフェースはできるだけ統一して欲しいものですね。



【PR】ノーツ/ドミノに関するお問い合わせは下記まで【PR】
単純なDBのカスタマイズから他アプリケーションとの連携までご要望にお応えします

文書の編集可能ユーザをチェックする

イメージ
9万アクセスを突破しました。目標の10万アクセスまであと一息です。ご声援よろしくお願いします。

本日の記事を読む前に・・・恒例のお願いです。




さて、今日のサンプルは、文書の編集権限を持つユーザ/グループは誰なのか?を調べるというものです。
作成者フィールドは、1つだけではなく複数作成することが可能なため、油断していると訳が分からなくなりがちです。
サンプルは、フォームアクションに設定することで、現在の文書は誰が編集できるのかを画面に表示するという作りにしてあります。
ACLは作成者にしてあるため、作成者フィールドが正しく設定していないと編集ができないため、編集できないぞ?と言う場合は、このサンプルで本当に編集できるようになっているのかを確認すると良いでしょう。

さらに、工夫すれば、どの作成者フィールドに、どの値が設定してあるのかも取得できますね。

ちなみに下図は、サンプルを実行した結果です。


Sub Click(Source As Button)     Dim uiws As New NotesUIWorkspace     Dim uidoc As NotesUIDocument     Dim doc As NotesDocument     Dim ret As Variant     Dim editUser As String         Set uidoc = uiws.CurrentDocument     Set doc = uidoc.Document         '文書の全アイテムから作成者アイテムの値を取得する     Forall x In doc.Items         '作成者のアイテムタイプは1076なので、この時だけ取得する         If x.Type = 1076 Then             If Isempty( ret ) Then                 ret = x.Values             Else                 ret = Arrayappend( ret, x.Values )             End If         End If     End Forall     ret = Fulltrim( Arrayuni…

葛飾さくら祭り

イメージ
週末ののんびり情報第二弾です。
昨日の4/4は、葛飾区の区役所通りで、毎年恒例(4月の第一日曜日開催)の「葛飾さくら祭り」がありました。
昨年の様子は、桜の木をご覧ください。

では、記事に移る前に・・・をクリックしてね。


ギリギリお天気も保ってくれて、大勢の人で賑わっていました。
写真は、昨年とほぼ同じ位置から写したものです。


頭上の桜は今年も綺麗に咲いてくれました。
地元の方々が協力して、出し物をしたりしているのがとても楽しそうです。




テレビでは花見をするならここがいいですよ!みたいなことを言っていますが、桜は皆さんの地元にもたくさんあるはず。地元の桜を愛でましょう。きっと綺麗に咲き誇っていますよ。

では、来年も綺麗に咲くことを祈って・・・

東京スカイツリーを見てみた

イメージ
週末はお天気が良かったのに、今日月曜日はあいにくの雨模様です。

そんな雨にも負けないようにと、元気が出るボタンをクリックしてください。


先日、日本一の高さになった建造物の東京スカイツリーですが、筆者の住んでいる葛飾区は隣の区ということもあり、よく見えます。
でも、残念ながら筆者の自宅からは周りの建物に阻まれて、見えません。

ということで、どこなら見えるかな?ということで、近所の江戸川まで散策に出かけてみました。

さて、分かりますか?写真中央あたりにぼんやりと映っているのがそれですね。

もう一つ。こちらは柴又付近から撮影したものです。

こちらの方がはっきりとしていますね。


まだ半分を過ぎたところですから、そのうち筆者の自宅からも見えるようになるかもしれません。楽しみですね。

NotesTimerクラスを試してみる

イメージ
今日から新年度ですね(弊社は違うんですが・・・)。
4月1日ということで、エイプリルフールです。楽しい嘘はあったでしょうか。

筆者のブログでは、楽しくても楽しくなくても「嘘はなし!」(たまに誤りはありますが・・・)ということで行きます。

では、新年度1回目のクリックを・・・
ありがとうございました。


さて、今日のサンプルです。
NotesTimerクラスというものです。あまりなじみがないのではないでしょうか。
どういったものかと言うと、指定の秒数が経過したら、イベントを発生させるというものです。
イベントの内容は、自分で作成したプログラム(LotusScript)です。

サンプルは、あるフォームに仕掛けることで、文書が開いてから10秒経過する毎にメッセージを表示するというものです。文書が閉じるまでずっと有効です。

'フォームの(Globals)のDeclarationsにNotesTimerクラスを定義します。 'これは、このフォームを開いている間は、変数を有効にするためです。 Dim ntimer As NotesTimer '【文書をオープンしたときにイベントを発生させるようにしてみます】 Sub Postopen(Source As Notesuidocument)     'NotesTimerクラスをセットします     '1番目の引数は、10秒という事を意味します。10秒単位でイベントが発生すると言うことです。     Set ntimer = New NotesTimer( 10, "NotesTimerクラスのテスト" )         'NotesTimerクラスのAlarmイベントを発生させます     On Event Alarm From ntimer Call DispMsg End Sub '【イベントで動作する関数を新しく作成します】 Sub DispMsg( Source As NotesTimer )     'NotesTimerクラスのAlarmイベントで呼び出される関数です         Msgbox "ここにお知らせメッセージを表示すると面白いかも。", MB_OK + MB_ICONINFORMATIO…