投稿

4月, 2012の投稿を表示しています

【告知】用語集 for XPages

すみません、ホントすみません。
ブログを更新します!と言っておきながら、まったく更新出来ていません。
もう、やめちまえ!とか言われそうですが、そこを何とか・・・

ということで、今日も大したネタを提供できないので、告知です。

すでにご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、
筆者が作成したXPagesのサンプルアプリケーション用語集 for XPagesを XPages.infoに提供いたしました。

用語の登録、編集、削除が行えるアプリケーションです。
関連用語を登録する事で、自動的にその文書へのリンクが作成されます。
Dojoやoneuiなどの技術は一切使用しておらず、Domino Designerの基本機能だけで作成されています。
また、XPageは1つのみで構成されているため、一度ロードしてしまえば、その後の動きは速い(はず)です。

2012年5月18日に行われるXPagesDayでは、筆者は、このアプリケーションを元にセッションを行いますので、

あらかじめ見ておくことをお勧めします。


ではでは・・・

あぁ、今日もこんなネタとは。

作業セットの管理とアプリケーションナビゲータ

イメージ
4月になりました。桜も綺麗に咲いています。
筆者も自宅の近所にある公園に花を愛でに行ってきました。

さて、今日もLotus Domino Designerを便利に使えるようにするテクニックを紹介しましょう。



いくつものノーツアプリケーション(ノーツDB)を開発していると、「アプリケーションビュー」にたくさん表示されてしまい、収拾がつかなくなってしまいます。
そんな時は、「作業セット」を作成して、アプリケーションを決まった単位で管理すると良いです。

手順は次の通り。
1.Lotus Domino Designer を起動します。
2.「アプリケーションビュー」にあるフォルダの形をしたアイコンをクリックします。
3.ポップアップメニューが表示されるので、「作業セットの管理」をクリックします。
4.「作業セットの選択」ダイアログが表示されるので、[新作業セット]のボタンをクリックします。
5.「新規作業セット」ダイアログが表示されるので、「作業セット名」を入力します。さらに、この作業セットに含めるノーツアプリケーションを選択します(タイトルの左にあるチェックボックスにチェックを入れます)。
選択したら、[OK]をクリックします。
6.「作業セットの選択」ダイアログに戻るので、必要な数だけ作業セットを作成します。作成が終了したら、[OK]をクリックします。

これで、完了です。
では、実際に作業セットを利用してみましょう。

1.「アプリケーションビュー」のフォルダアイコンをクリックします。
2.ポップアップメニューに作成した作業セット名が追加されましたので、表示したい作業セット名を選択して、クリックします。
3.すると、アプリケーションビューに表示されるノーツアプリケーションが作業セットのものに変わります。さらに、アプリケーションビューの名称が選択した作業セット名称に変わります。






作業セットを複数用意しておけば、プロジェクトに応じて作業セットを変えれば、すっきりした環境で開発ができますね。

なお、Lotus Domino Designerで作業セットを使用している状態で、新しいノーツアプリケーションを開くと、作業セットに追加するかどうかを確認するダイアログが表示されます。



もう一つ、Lotus Domino Designerでの作業をやりやすくするために覚えておいた方が良い…