投稿

11月, 2012の投稿を表示しています

Gitサーバに変更を反映しよう

イメージ
今日(2012年11月22日)は、いい夫婦の日だそうです。普段の感謝の気持ちを伝えましょうね。夫婦、お互いに。
ちょうど、明日から3連休の人も多いはず。どこかにお出かけしてはいかがでしょうか。

では、本題に入る前に恒例のクリックタイムです。新着記事がない日でも、何か記事を見たらクリックしてくださいね。その気持ちが筆者にブログを書かせる元になってます。


さて、今日の話題です。

前回、前々回とノーツアプリケーションのソース管理について説明してきました。今回もその続きです。
今回は、ローカルPC上でノーツアプリケーションを変更して、その内容をGitサーバにpushするという事についての説明です。

0.前提条件
 Lotus Domino Designer 8.5.2以降がクライアントPCにインストールされていること
 EGIT for IBM Domino DesignerがLotus Domino Designerにインストールされていること
 Gitサーバに自身のユーザを登録していること
 GitサーバにあるプロジェクトファイルをローカルPCにpullしてあること

1.nsfとオンディスクプロジェクトの同期
 Lotus Domino Designerを起動する
 nsfファイルに修正を加える
 「データベースナビゲータ」ビューでノーツアプリケーションをマウスで右クリックする
 「チーム開発」「オンディスクプロジェクトとの同期」メニューを実行する
※プリファレンスメニューで自動同期にすることも可能(デフォルトでは自動同期になっている)

2.Gitサーバとの同期
 「Git Repositories」ビューを表示する
 nsfと関連付けられているプロジェクトをマウスで右クリックする
 「Commit」メニューを実行する
「Commit Changes to Git Repository」ダイアログが表示されるので、「Commit message」欄に変更内容を入力する(ここは必須入力)
 ダイアログの下段には、変更された設計要素の一覧が表示されるので、Commitしたいものだけを選択する(Status欄にチェックを付ける)
入力したら、[Commit]ボタンをクリックする
 次に、プロジェクトを管理しているGitサーバにログインする
 Gitサーバからプロジェクトをpull…

Gitサーバからプロジェクトを取得しよう

イメージ
もうすぐ12月です。12月と言えば、年末ということで、忘年会の時期です。

筆者が足繁く通っているテクてくロータス技術者夜会ですが、12月はいつも(第3金曜日)と違って、2012年12月7日(金)に開催されます。
なんでも、第3金曜日だと他の忘年会に重なってしまい、出席しづらいだろうということへの配慮だそうです。
しかも、今回は筆者も応援しているイケヤマくんのデビュー?1周年記念イベントを予定しているとのことです。XPages を使われている皆さん、いつもイケヤマくんにはお世話になっていると思いますので、是非出席しましょうね!

さて、では今日の本題に入るのですが・・・もう言わなくても分かりますよね。



クリックしてくれましたね。お陰様で徐々にですが、順位も上がってきています。それでもまだまだ下位の方です。他のIT系のブログなんかに負けてはいられません!Social EditionになるNotes/Dominoを広めるにはブログは格好の場ですからね。

前置きが長くなりました・・・

前回の記事サルでもわかるGit入門 〜バージョン管理を使いこなそう〜 | どこでもプロジェクト管理バックログが分かりやすいです。

今回はその続きということで、 Gitサーバ上にあるリポジトリからデータを取得する方法について説明します。


0.前提条件
 Lotus Domino Designer 8.5.2以降がクライアントPCにインストールされていること
EGIT for IBM Domino DesignerがLotus Domino Designerにインストールされていること
 Gitサーバに自身のユーザを登録していること

1.Gitパスの取得
 ノーツアプリケーションのソースが登録されているGitサイトで、リポジトリ用のURLを取得する
取得したURLをクリップボードにコピーする

2.プロジェクトの取り込み
 Lotus Domino Designerを起動する
 「Git Repository」ビューを開く
ビュー内でマウスを右クリックする
「Paste Repository Path or URI Ctrl+V」メニューを実行する
 「Source Git Repository」ダイアログが表示されるので、URI欄に先ほどコピーしたURLが入力されているのを確認する
 「Authentic…

ノーツアプリケーションのソース管理をしてみよう

イメージ
寒いです。11月ってこんなに寒かったっけ?というくらい寒いです。
ぬくもりがほしい筆者です。だれか温もりをください。

このボタンをクリックすると、貴方の温もりが筆者に伝わりますのでお願いしますね。



さて・・・


現在、筆者はXPagesをもっと使いやすくしよう!もっとみんなに使ってもらおう!ということで、
Extension Libraryの日本語化プロジェクトに参画しています。
メンバーは、日本IBMの方や、IBMパートナーの方々です。
XPagesにはExtension Libraryという便利なライブラリ群があるのですが、プロパティやらなんやらが英語で表記されています。
英語が得意な方は、「それがどうした?」となるでしょうが、筆者のように苦手な人からすると、ちょっと取っ付きにくいですよね。
そこで英語になっているところを極力日本語化して、少しでも日本の方に使いやすくしよう!というものです。
第一段階として、Extension Libraryのサンプルアプリケーションを日本語化するところから始めています。

さて、ここで問題が起きました。
一つのアプリケーションを翻訳するのですが、メンバーは複数人います。となると、全員で同じアプリケーションを操作することになります。さらに、どこでも操作できるようにする必要があります。


そこでソースのバージョン管理という考えが必要になってきます。
この「XPages Extension Library Japan Project」では、ソース管理をGITを使ってやることに決めました。

幸い、Lotus Domino DesignerでGITを使うためのフリーウェアプラグインがOpenNTF.org
にありますので、それをインストールして使っています。

今後、みなさんが「XPages Extension Library Japan Project」に参画したいとなった場合も、このツールを使っていただきます(同プロジェクトは参加者を受け付けています。参加方法については、後日発表します)。

そのために、また、普段の業務でもソースコード管理をしたいなという方は、ぜひ読んでインストールしてみてください。



0.前提条件
 Lotus Domino Designer 8.5.2以降がクライアントPCにインストールされていること

1.ダウンロード
 O…