投稿

1月, 2013の投稿を表示しています

世界のチャンピオンは偉大だ...

日本の皆様、おはようござます。筆者です。
今日は早めにブログを書きます。ですので、セッションの数も減らしました。
まずは、keynote 。
バンドの演奏がありました。どうやら、元プログラマーのジョナサン•コールトンというらしいです。
でも、筆者にはやっぱりよく分かりませんでした。これ見たら、悲しむよね(汗)
その後、アプリ開発コンテストで、投票者に選ばれた5社の紹介とデモがありました。
会社名(?)とtwitter のアカウントを書くので詳細はそこから調べてやってください。
1. sugarcrm (@sugarcrm)
2. wrike (@wrike)
3. appfusions (@appfusions)
4. trilogs (@triloggroup)
5. dynamicsignal (@rfradin)
Connections との連携ができるアプリケーションが多く、日本の一歩先をいっている感じでした。
筆者も勉強しないといけないですね。(どんだけやることがあるんだ!?)
このアプリ開発コンテストはOpenNTF.org で行われているようで、最大$10,000 の賞金があるようなことを言ってました。
さて、続いて、ジェーン•マゴニエルというゲームデザイナが登壇しました。
過去にもLotusphere に来たことがあるようで、喜んでました。
彼女が話したのは、ゲームをやるのも身体に良いのよ。と言うことでした。
全世界で10億人もの人がゲームをやってるので、デザイナの彼女からしたら、こりゃ、ウハウハだぜ。みたいな感じなんだろうなぁ。とゲーム好きの筆者は思いました。
ちょっとした息抜き程度ならよいでしょうが、それより多くゲームをしてはダメだと思う。高橋名人も1日1時間って言ってたし(古いか...)
ゲームをすることで得られる感情が10 あると仰ってましたが、筆者は???なので、載せません。きっと誰かが書いてくれるでしょうから、そちらを見てください。
というところで、keynote は、終了。どことなく、消化不良でした。
そして、筆者はXpages Beyond Domino Documents and View というセッションを聞いてきました。
このセッションの待ち時間にスクリーンに、日本人のIBM Ch…

やはり、英語は必須でした...

今日はえーっと...もう、いつだかさっぱり分かってない筆者です。
IBM Connect 2013 (会場でのパスには、Lotusphere Connect 2013 となっているのですが...)も2日目(BP 向けの日を含めると、3日目)が終わり、ついに折り返し地点まで来ました。
日本でもstreaning 等で見られている方もいるようですが(ここのWi-Fi環境があまりよくないので、スムーズ ネットに繋がりません。Wi-Fiスポットを借りずに後悔してます。なので、そういうのは見てません)、本当に多くのセッションがあり(早いのは朝7:00 からあり、夜も20:00 位まであります)、全部を聞こうとすると、パニックに陥ります。
なので、取捨選択が大事になってきます。
今日は筆者はkeynote を含め、4つも聞いてました。聞きすぎです。正直、半分以上、記憶が飛んでます(汗)。
とりあえず、朝食を取ってからkeynote セッションの会場に向かいました。ちなみに、朝食と昼食は専用の場所が用意されていて、参加者はそこで食べることができます(きっとレジストレーションの費用に含まれているのでしょう)。
keynote は、昨日のOGS (くどいようですが、Opening General Session です)と同じような感じでした。米国国内の年やオーストラリアのデパートの事例紹介で、ソーシャルやコミュニティをどのように使うと成果が出るよといったありがたいお話ですね。
後で、日本人参加者の方に意見をお伺いしたところ、「すでに日本でも言われていることで新鮮味がなかった」とか、「都市の事例なんかは政治家に聞かせたい」とか、筆者には気がつかないような視点で見られていました。筆者もそそろこのあたりは大人にならないとなぁ...
この後、Sametime の新バージョンについてのセッションや、ソーシャルビジネスのソリューションについてのを聞いたのですが、やはり英語力のなさにより、ほとんど理解できずに落胆してしまいました。
IBM 社員の方がいかに普段から英語を勉強されていて、それが大事だと言うことを知らされました。いや、本当に勉強しないとダメかなぁ...
そんな中、唯一ついていけたのが、Domino Designer の使い方についてのセッションでした。
まぁ、ス…

え?今日が初日だったの?

日本の皆様、こんXXは。オーランドで呆けている筆者です。
オーランド滞在日記(笑)も今日で三日目です。しかし、なんとIBM Connect 2013 は、今日が初日だと言うことが判明しました。
たくさんのセッションを聞いていて、今日が初日と言うことを俄には信じられない筆者でした。
と言うことで、今日(現地時刻で、1/28)の朝8:00 から、OGS (Opening General Session のことです。筆者は3文字略語が大嫌いです)が始まりました。
最初は有名(らしい...筆者は音楽に疎いです)バンドが演奏してました。こんな朝早くから、しかもこんなに短いライブは、初めてだぜ!とおっしゃってました。それでも、一生懸命盛り上げてくれて楽しかったです。
そして、オープニング。偉い人(笑)がしゃべった後、俳優のxx 氏が(申し訳ない。筆者は洋画の「俳優」さんにも疎いです)、ソーシャルやコミュニティについて、熱く語ってくれました。
その後にも、色々な方々がそれぞれの言葉で語ってくれたり、デモを見せてくれましたが、筆者には「あぁ、まぁ、そうねー」位の感想しかありませんでした(読書感想文なら、再提出ですね)。
正直、サプライズ的な発表を待ち望んでいたので、がっかりなんですね。
とまぁ、こんな感じでオープニングゼネラルセッションが終わりました。
会場も冷めていたようで、終わったら、急に人がいなくなりました。
セッションを連続で聞くのは辛いと思ったので、チャンピオンの吉田氏と共にラボへ向かいました。
チキンな筆者は外人さんには目もくれず、日本人(IBMの方です)がいるところへ行って、しっかりと日本語で説明を聞いてきました。
WorkForce というものと、Notes Browser Plug-in について、聞いてきました。
この内容は2月のテクてくで話そうと思いますので、興味がある方は、2月のテクてくにお申し込みください!(Mさん、こんな感じで良いでしょうか?(笑))
その後、IBM Notes 9.0 のセッションを聞いたのですが、日本で聞かされていた話の焼き直しの感じで、ここでも「うーん?」な筆者でした。
そして三日目のトラブルが発生しました。筆者は疲れはてました。ということで、一時間ほど自室に戻って仮眠をとったのでした。それくらい、ハ…

今日はBP 様向けのセッションだったんだってさ。

イメージ
こんxxは。筆者です。ただいま(執筆開始時刻)1/27 22:20 です。
今日はBP 様向けのセッションがありました。エンドユーザ様は休暇です。羨ましい~。
といいつつ、今日も筆者はトラブルに見舞われました。トラブル体質?
筆者は申し込みが早かったようで(楽しみだったんだから仕方がないです!)、BP なのに、一般のお客様として登録されていたようで、「貴方はBP じゃないから、入れてあげないわ!」という事態に!
他にも同じような方々いたにも関わらず、筆者だけが躓きました。語学力のなさを露呈したようなものです。
しかし、そこはIBM 社員の皆様の素晴らしいフォローのお陰で、無事にBP 登録ができました。
無理なら、今日はオフだぜ!と期待したのでちょっとだけ、残念でした。
ゼネラルセッションでは、各アワードが紹介されていました。日本では兼松エレクトロニクス様が受賞していました。素晴らしい!筆者もいつかそんな会社としてノミネートされてみたいです。
他には、ノーツ開発者であれば、お馴染みのチームスタジオ様も受賞されていました。素晴らしい会社には素晴らしい人材がいますね。あ、逆かな?
午後はDomino Server のパフォーマンスについてのセッションがあり、そこに参加しました。
英語についていくのがやっとで、まともにメモが取れませんでした。資料がアップされたら、改めてご紹介するので、許してください。トラベラーサーバーのパフォーマンスチェック方法とか、役に立ちそうでした。DDM で、設定した方がよい項目、しない方がよい項目の説明なんかもあったんですよ。
さて、その後は、日本から来ているIBM Champion と一緒に全世界のIBM Champion に会ってきました。筆者も結構なノーツ好きだと思ってましたが、世界の壁は熱かったです。
ちなみに、したの写真はチャンピオンに配られたサバイバルグッズです。
色々と訳のわからないものがありますが...

一応、新チャンピオンを含めたプロフィール一覧など真面目なものもありました。
この後、Connect グッズを買いにいったのですが、事情により、今年はグッズがないそうです。 お土産を期待していた方、ごめんなさい。
そして、ウェルカムレセプションで夕飯を食べて、一日が終わりました。
本番は明日からです…

IBM Connect 2013 に来てみたらこんなんだった

皆さん、こんばんは。2013 年の初ブログです。ギリギリ1月中に書けそうで良かったです。
さて、筆者は今、日本にはいません。そうです。米国フロリダ州はオーランドまで来ています。
目的は、もちろん観光
...じゃないですね、IBM Connect 2013 です!
今年はNotes の新バージョンであるIBM Notes9 が発売されるので、その情報を求めてきたという訳です。

IBM Connect 2013 がどういうイベントなのかについては、IBM Championの加藤さんのブログの
やってきました! LotusPhere Connect 2013に詳しく出ていますので、そちらを見てください。筆者が説明するよりもスッキリ爽快な説明になっています。
ちなみに、筆者も仕事で来ていることになってます。(税関で目的にビジネスじゃない。とチェックしたら、IBM のイベントでしょ?じゃぁ、ビジネスでしょ!と叱られました。あ、これは筆者以外にも多数の被害者?が出てました(笑))
筆者の趣味はNotes/Domino なので、ビジネスじゃなくても良いのに...
さて、とは言っても、今日(現地時間で1/26)は、移動とレジストレーション(イベントへの参加登録)だけでした。 でも、それじゃあ詰まらないので、1日の行動を振り返ってみましょう。
まずは、成田空港に集合です。9:30だったのですが、筆者は自家用車で8:15 頃に着きました。早いかな?と思いましたが、すでに何名かのみなさまが来ていました。さすが、IBM 社員の方々です!
航空会社の搭乗手続きは大変時間がかかりました。それもそのはず。今回、日本人でIBM Connect に参加される方々は約50名。筆者と一緒にいかれる方々だけでも、約40名でしたから。その他にもお客様はいますので、もうちょっと受付の人数を増やして欲しかったですね。
そのあと、壮行会という事で、IBM 社員含めての顔合わせがありました。搭乗手続きに時間がかかったため、名刺交換をする余裕がありませんでした。 参加者の方々で、このブログを読んでいただいた方、まだ名刺交換をしていなければ、是非お願いします。
この後もあまり時間がなく、さっさと飛行機に乗り...おおよそ、11 時間のフライトを経て、経由地のダラス国際空港に着きました。筆者がツイッターで…