投稿

7月, 2013の投稿を表示しています

GitHubを使ってのチーム開発 ~応用編~

イメージ
今日は、チーム開発の続編です。
本当は昨晩書きたかったのですが、PCクラッシュという災難のために、止めたのでした(まったく、Windows 8め・・・)


本題に入る前に、こちらのクリックをお願いします。



なお、今回は、2013年7月のテクてくで紹介された内容の焼き直しです。
ですので、テクてくのハンズオンに参加された方は復習のつもりで見てください。
参加できなかった方は、是非この記事を読んで、試してみてください。

まずは、準備として、以前に当ブログで紹介した記事を参照願います。
ノーツアプリケーションのソース管理をしてみよう
Gitサーバからプロジェクトを取得しよう
Gitサーバに変更を反映しよう


では、始めましょう。
今回は、GitHubにリポジトリが登録されている状態からとなります。
以前に紹介した内容の場合、そのまま自分のローカルPCにダウンロードして、それを各自修正して、またGitHubサーバにPushするという流れでした。
これはこれで良いのですが、修正した内容を事前にチェックすることができません。
つまり、バグも誤って、マージされてしまうということになります。

そういったリスクを少しでも低くする方法として、GitHubには「フォーク」という機能が備わっています。

まずは、GitHubに登録されているプロジェクトページを開きます。(テクてくのハンズオンで使用したプロジェクトで説明します)

リポジトリ名が左上に表示されています。ここで注目してほしいのは、「PUBLIC」となっている個所です。これは、他の人でも参照できるということを示しています。
ここで、右上にある「Fork」というリンクをクリックします。
※ちなみに右側に表示されている数字は、このリポジトリをフォークしたユーザの数です。

フォークに成功すると下図のような画面に変わります。
左上に注目してください。黒塗りで隠しているのは、私のユーザ名です。さらにその左側が「PRIVATE」になっているのが分かりますでしょうか?
これは自分だけが参照できる状態を示しています(しかし、ページ遷移するとPUBLICになるようです)。

これでこのリポジトリは自分のものになったので、これに対して修正を加えるようにします。
しかし、このままでは修正ができないので、ダウンロードをします。
画面右下を見てください。「HTTPS

XPagesについてのお話

こんばんは。夏なので、夜更かしをしています(笑)。


先日(2013/07/19)は、テクてくで、ノーツアプリケーションのチーム開発の手法が紹介されました。
オンディスクプロジェクトというNotes/Domino 8.5.3で追加された機能を利用しての話ですが、
これは、XPages Extension Library Japan Projectで採用している開発手法でもあります。
複数の会社のメンバーが一つの目的に向かって、ノーツアプリケーションの開発を行うという意味では、最適な手法だと言えるでしょう。

ちなみに、この手法については、上記プロジェクトの関係で、当ブログでも、以前に紹介したことがありましたが、ほんのさわり程度でした。
テクてくでは、さらに細かい内容についての説明がありました。

しばらくすれば、資料が公開されるかと思いますので、参加された方も参加できなかった方も是非ダウンロードするようにしましょう!


ところで、XPagesは皆さん、活用していますか?
2009年1月にリリースされたNotes/Domino 8.5から搭載された「新しい」開発手法です。
もう、4年半も経過しているんですね。「新しい」なんて言うのは変ですね。
この技術を利用して、ノーツアプリケーションを作成すると、ノーツクライアントでもWebブラウザでも全く同じ画面で動かすことができるようになります。
従来ですと、同じ「ように」見せかけることはできても、ノーツクライアントでしかできないこと、Webブラウザでしかできないことが多すぎて、結局どちらかでしか動かない。とか、それぞれの画面を作成するといった「非効率」な作りになっていました。
しかし!XPagesを使えば、それがなくなるのです!
しかも、スマホやタブレットでも操作し易いような画面の作成もできるのです。これは使わない手はないでしょう。

ノーツでWeb化するならXPages!」しばらくは、これがキャッチフレーズです。
是非、覚えてください。そして、周りの方々にも伝えてくださいね。


XPagesの情報はたくさんありますが、知らないよ。という方のために、ほんの少しだけ紹介します。
有名なところでは、新人SEが学ぶ XPages
一週間で学ぶ XPages 開発入門 (初級編)
があります。
手前味噌ですが、私もおじさんSEシリーズのまとめ と…