投稿

5月, 2014の投稿を表示しています

リンクをクリックしたときにURLパラメータを追加する方法

イメージ
こんにちは。今日は2014年5月1日です。つまり、2014年も3分の1が過ぎてしまった!!!ということになります。
んー・・・やりたいことはたくさんあるのに、遅々として進まない。でも時間だけが過ぎ去っていく。
ジレンマです。

ブログも4月は1件しか書いてないし・・・
XPagesアプリケーションを作成していたのですが、ブログにアップできるようなネタがなかったのが原因という言い訳です。

と言っても、それでは進まないので、ボタンをクリックしてから話をしましょう。



では、気を取り直して・・・

ページ間の遷移を行うのには、「リンクコントロール」を使います。
通常、指定したURLやXPageを開くだけだと思いますが、実はこの時、URLパラメータを追加することができます。

まずはリンクコントロールをドラッグアンドドロップして画面に配置します。
次に、このリンクをクリックしたときのページを選択します。
ここは、「home」というXPageを開くように設定します(下図参照)。

次に、「すべてのプロパティ」タブを開いて、[データ][parameters]を選択します。
[+][-]というアイコンがあるので、[+]をクリックして、各プロパティを設定します。
項目名説明nameURLパラメータのパラメータ名valueURLパラメータに設定する値。URLエンコードしておく必要がある

今回はURLパラメータ名は「usrName」、値はログインしているユーザ名の共通名部分とします。
値はJavaScript式で記述します(下図参照)。


これで設定完了です。
XPageを保存して、画面を開いた結果がこちらです。
わかりやすくするために、リンクを3つ配置してあります。

1つ目はデフォルトの状態(リンクタイプがURLになっています)。
リンクコントロールにマウスポインタを重ねると、画面下部にリンク先のURLが表示されますが、
この場合、現在のページのURLに「#」が付いただけの状態になっています。


2つ目はリンクタイプを「ページを開く」に設定した状態です。
こちらは、リンク先のページとして設定した「home.xsp」を開くような形になっています。

そして、3つ目。
URLパラメータを設定したものです。
home.xspの後に設定したURLパラメータがついているのがわかります。


こうして設定した…