投稿

9月, 2014の投稿を表示しています

XPagesで複数DBの内容を一つのビューとして表示させてみる

イメージ
秋分の日を迎え、日が短くなり、いよいよ秋本番となってきました。
秋と言えば、スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋、等々いろいろありますが、やっぱり「Notes/Dominoの秋」でしょう(笑)。

ということで今日もブログ記事を更新です。
早速本題に・・・と行きたいのですが、恒例のボタンクリックをしてくださいね。



では本題に入りましょう。今日もXPagesについてです。


XPages化にあたっての問題点?
先週の9月16日にノーツコンソーシアムのXPages研究会がありました。
その中で既存のノーツDBをXPages化するにあたって、質問がありました。
「複数のノーツDBに情報がわかれて登録されている。そのため、毎回毎回それぞれのDBを閲覧しないといけない。XPages化するにあたって一つのビューから複数のノーツDBの情報を参照することができないだろうか?」
というものです。

参加者たちは、複数のデータソースが定義できるんだから実現できるんじゃないかな?
と怪しげです。

これが解決すれば、XPagesの導入の手助けになるのであれば、是非解決したいところです。
さらには、こちらのスキルのレベルアップにもなります。
という事で私が独自に調べてみました。


考えてみよう
まず、複数のノーツDBの情報を表示するということなので、新規にノーツDBを作成してその中で表示させることにしました。


次にノーツDBの情報を表示するとなっていますが、ここではビューの情報が表示されれば良いでしょう。
ということで、ビューコントロール(9.0.xだと「表示」コントロールという名称です)が使えるかな?と思いましたが、以下の理由でやめました。
複数のノーツDBの定義方法が不明(そもそもできるのかどうかも不明)複数のノーツDBが同じビュー名、さらに同じ構造(列情報)になっているか不明
アプリケーションを作成するのに、決まった方法はないので、ビューコントロールに固執する必要はないだろうということで、別の方法で解決することにしました。

とりあえず、表示させたいノーツDBのビューをデータソースとして定義してみることにしました。
データソースは「Dominoビュー」とすれば良いはずです。

そして、複数のデータソースを連結するのと、ビューの内容を表示するということで、「繰り返しコントロール」を使うことにしました。
先に…

XPagesで添付したイメージを画面に表示させる

イメージ
最近、ブログの投稿がされてない!と怒られました。はっはっは・・・
でもね・・・記事を書かせたい(私のモチベーションを上げる)と思うのであれば、コメントくださいね。
役に立ったのか立ってないかだけで構いませんので、 書いてください。匿名でいいんです。
このブログはNotes/Dominoを使っていただいている皆様のために書いています。

ですが、有益な情報なのか、そうでないのかを決めるのは読んでいただいている皆様です。
ぜひ、他の利用者へのフィードバックとしてコメントをください。


想いを吐露したので、少しすっきりしました。ということで?今日もブログを更新しましょう。





XPagesについて質問があったので、それを解決する方法について書いてみます。
NotesアプリケーションをWeb化したことがある人からすると、「なんだよ、こんなの知ってるよ」という内容かもしれませんがお付き合いください。


質問内容は・・・
XPagesアプリケーションで文書に画像ファイルを添付した。
文書を開いた時にその画像ファイルをイメージとして表示させるにはどうすれば良いか?
このイメージは文書のタイトルと同等の扱いとしたい。なので、画像は文書内の目立つ場所に独立して表示させたい。
というものでした。
ノーツクライアントのアプリケーションの場合、クリップボード経由で画像ファイルを貼り付けられたので簡単に実現できますが、XPagesやWebアプリの場合はどうなんでしょう?(下図はノーツクライアントで画像ファイルを貼り付けてみたところ)

考えてみた
Webアプリケーションの場合も考えると大変なので(めんどくさい・・・)、XPagesで実現する方法を考えてみました。
リッチテキストがあるならば、XPagesからもイメージの貼り付けはできますが、これだとその場所にしか表示できません。となると「目立つ場所に独立して表示させたい。」という要件を満たしません。
となると、やはり添付ファイルで実現するのが良いでしょう。


やってみよう
まずは添付ファイルをアップロードできるようにします。
こちらについてはXPagesで添付ファイルの処理をする(アップロード) に記事を書いていますので、そちらを参照願います。
それでは、実際に表示する方法についてみていきましょう。
画像ファイルをイメージとして表示するので、「イメージコントロール」を利用しま…