当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任とします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。
xxのようなサンプルを作って欲しいとかxxxの作り方を教えて欲しいというお問い合わせには応じていません。
このようなお問い合わせは、株式会社エフまでご一報ください。

2016年2月2日火曜日

OGSの話題は書きません!

みなさん、こんにちは。
オーランド特派員のミヨです。
こちらは、2016年2月1日の19時をまわったところです。

オーランドに来て3日目が終了しました。
3日目と言いつつ、IBM Connect 2016は今日が初日でした。

初日ということは、Opening General Sessionがあったわけですが、
IBMGoでも中継されていたとのことで、みなさんきっとご覧になったことでしょう。
ということで、私からわざわざお話することはありません(笑)

しかも、IBM Championの加藤さんが
【速報】IBM Connect 2016 基調講演 その1
の記事を書いてくださっていますので、こちらを見てください。
これで十分です。というか、こちらの方が詳しいです。


これだと、ほんとに怒られそうなので、感想をちょこっとだけ。
Boxを導入するのは良いのですが、Connections ファイルとの使い分けはどうなるのでしょうか?
淘汰?共存?
淘汰されるのであれば、データ移行は行われるのでしょうか?アクセス権もありますから、自動での移行は期待できないかも???
共存の場合、どうやって使い分けをすればよいのか?
そのあたりは全く触れられていませんでしたので(当たり前かな?)、現地でそのあたりを確認できればと考えています。


さて、OGSの後は通常にセッションが開始されましたので、そちらをいくつか受講してきました。

「IBM Verse Deep Dive and Future」と「IBM Verse AppDev and Extensibility」では、Verseの今後の予定と拡張性についての話がいくつか聞けました。
IBM Verseの2016年の予定

また、Verseのスケジュール/カレンダーの画面を刷新するということで、新しい画面を見せてくれました。
これでようやく、Verseがメールだけではない、スケジュール/カレンダーを含んだNotesメールDBに追いついた(近づいた?追い越した?)という印象を受けました。

Verseの拡張性について

拡張性については、昨年Verseの発表があったときに、APIができたら開放するよ。という話が合ったので、それがようやく実現に向けて動き出したのかな?という感じです。
今後も続報が出てくると思いますので、BPのみなさんはIBM様からの情報を逐次チェックしましょう!


オンプレミスVerseやVerseオフラインの話もありましたが、まだまだ先のような感じ(2016年後半以降)でしたので、ここでは触れないことにしておきます。




あとは、毎年恒例のREST Serviceについてのセッションがありましたので、迷わず参加!してきました。
講師はBernd Hortさんです。この方のセッションはとてもわかりやすく、この方のセッションを受けて、私もRESTがわかるようになったのです!
こちらがブログですので、興味がある方はぜひ読んでみてください。
assonos blog


ということで、本日は無事に?セッションが終了しました。
明日は朝から晩までセッション漬けですが、Boxの話が気になりますので、セッションの合間を縫って、開発メンバーに直接聞ければと考えています。


この後、BP Reception Partyがあるので、このまま逃亡します(笑)


それでは、今日はこの辺で・・・

0 件のコメント: