投稿

11月, 2016の投稿を表示しています

XPagesDayのセッション資料を公開しました

イメージ
皆さんおはようございます。

本日(2016年11月24日)は、東京はなんと54年ぶりに11月中に雪が降ったとのことです。
各種交通機関にも乱れが発生したようですね。

さて、今週の月火に行われたXPagesDay 2016はいかがでしたか?
今年は、初めて講師をやるという方が4名もいらっしゃって、ちょっと変わったかな?という印象がありました。

私も僭越ながら講師をさせていただきました。
ここ数年、REST APIについての話をしてきましたが、他の方のセッションでも話がちらほら出てくるなど、そろそろREST APIも一般的になってきただろうということで、やめて別の話にしてみました。


今回は、「XPagesで検索をしてみよう」と題して、XPagesアプリで全文検索をするにはどのように設定すればいいのかについて解説してみました。

ノーツクライアントで全文検索を行う場合は、 ノーツクライアントにあらかじめ全文検索を便利に行うための機能([表示]-[検索バー])が備わっていますが、XPagesアプリは基本的にWebブラウザで動作するものなので、そういった便利機能は標準装備されていません。
そのあたりを便利に組み込む方法について解説したつもりですが、少しでもご理解いただけたなら幸いです。

セッション資料はSlideShareに共有させていただきました。
子のブログ記事内に埋め込んでおきますので、聴いていないという方や聴いたけど再確認したいという方は見てみてください。



XPagesで検索してみよう from Masahiko Miyo

ちなみに、今回のセッションを行うに当たって、ノーツコンソーシアムの「ザ・ノーツ研究会」の皆様のお知恵を拝借させていただきました。
この場を借りて、厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。



それでは今日はこの辺で・・・







Notes/Dominoで困ったことがあれば、弊社にお問い合わせください。
IBM Championの私が承ります!
お問い合わせはこちらから→

日付/時刻の変換を行う(UTC形式編)

イメージ
皆さん、日曜日にこんにちは。
明日の2016年11月21日と11月22日はXPagesDayです。
仕事もしつつ、自席でWebセミナーを満喫してくださいね。
サイトはこちら。XPagesDay


さて、そんな日曜ですが、今日はそれとは関係ない単なるXPagesの話題です。
しかも、またまた日付/時刻についてです。

XPagesで日付を扱う場合、色々な形式があります。
NotesDateTimeオブジェクト、java.util.Dateオブジェクト等々・・・
また、日付/時刻を表す文字列というのもその一つでしょう。

Notesクライアントでも、「@Text(@Now)」のように、日時をテキスト化することもありますね。
当然、XPagesでもそういったことは可能です。

Notesクライアントで利用していたような日付/時刻の表し方であれば、当ブログでもさんざん書いてきましたので、さほど難しくはないと思います。
しかし、REST APIを使ってデータのやり取りをする場合、ちょっと変わった形式でのやり取りとなります。

下の画像を見てください。
私がサンプルで作成したXPagesアプリケーションで、文書のデータをJSON形式で表示するようにしたものです。

赤枠の個所を見ると、日付/時刻と思われますが、何やら見慣れない形式になっています。
これは、ISO8601形式というUTCの時刻を表現するものです。

REST APIを使って日時データをやり取りする場合は、通常このデータ形式を使うことになっています。
Notesの文書の日時をWebサービスとして提供する場合や、外部のWebサービスの日時データを取得する場合などがそうですね。

となってくると、この文字列をXPagesアプリケーションで理解できるようにする必要があります。
つまり、java.util.DateやNotesDateTime形式への変換ができるようにするということです。


ここで、
Javaの世界には「SimpleDateFormat」というクラスがあります。
それを使えば、自由に表示形式を定義できるのでいいのですが、折角ならXPagesに備わっている関数を使ってできればそれに越したことはないでしょう。



ということで、探してみました。
あるものですね。
I18nクラスにparseDateXMIやtoStringXMIと…