投稿

2017の投稿を表示しています

LotusScriptによるイベントの確認

イメージ
皆さん、こんにちは。

2017年もついに終わりを迎えますね。

今年は皆さんにとってどんな一年だったでしょうか?
私は後半、自信を取り巻く環境が大きく変わりました。まだ、その変化に自分自身が付いていけてない部分がありますが、年が明けたらそうも言ってられないのでなんとか気持ちを切り替えていこうかと思います。


さて、今年最後の記事は、
IBM Verse ExtensibilityにしようかXPagesにしようか、Watson Work Spaceにしようか等々色々迷いましたが、
NotesエンジニアはまだまだLotusScriptが好きだろうという事で
LotusScriptでのイベントの確認をやってみます。
何気に書いてなかったんですね。

ただ、普通にQueryOpenとかQueryCloseとかについて書いても面白くないので、
今回はフィールドのイベントであるOnBlurとOnChangeについて検証してみます。

いずれのイベントも元々はWebで利用するためのものです(下図参照)が、
「実行」と書いてある場所を"Web"から"クライアント"に変更すると、右側の"JavaScript"の選択肢に"LotusScript"が追加され、Notesクライアントでの動作の場合、LotusScriptで記述できるようになります。

では、このOnBlurとOnChangeはどういったイベントなのかを見ていきましょう。

Designerヘルプによると、
OnBlurは
編集モードでカーソルがフィールドから抜け出たときに発生します。
注: このイベントは R6 で新しく追加されました。

とあります。
あれ?フィールドから抜け出たときのイベントなら「Exiting」があったよね?と思う方もいることでしょう。
そこでExitingについてのヘルプを見てみると、
編集モードでカーソルがフィールドから抜け出たときに発生します。
注: Release 6 以降では、OnBlur を使用することをお勧めします。

とあります。
うん、やはり同じ意味のイベントですね。
ですが、R6以降はOnBlurを使ってね。とあります。
R5以前からIBM Notes/Dominoを利用している方で、すでにR6以降にバージョンアップした方…

IBM Verse ExtensibilityとOnTimeを連携させてみよう!

イメージ
こんにちは、今日はクリスマスイブだそうです。
私には1mmも関係ありませんが(笑)

今日は、先日一足早いクリスマスプレゼント?をいただいたので、それの紹介をします。
クリスマスプレゼントとは「IBM Verse Extensibilityに関する」ものでした。

IBM Verse Extensibilityについては前回の記事でname pickerについて実装方法を紹介しましたが、今日は「com.ibm.appreg.ext.templatedLink」を使ったOnTimeとの連携方法についてです。

IBM Verseのビジネスカードから、対象ユーザーのOnTimeのカレンダーを開くというものです。

私は前回同様、IBM Verse On-Premises版での実装方法の紹介です。
それでは見ていきましょう。

1.参考URL
なお、同じ内容のIBM Verseのクラウド版での実装は、IBM Championの吉田さんが紹介してくれていますのでそちらも是非ご覧ください!
IBM Verse 機能拡張を使って、ビジネスカードからユーザーの OnTime カレンダーを開く



2.前提条件
・IBM Verse On-Premises 1.0.3が必要になります。
こちらは2017年12月20日にダウンロードできるようになりました。
パスポートアドバンテージもしくはソフトウェアアクセスオンラインからダウンロードしてください(ライセンスが必要になります)。
・OnTime Group Calendarが必要になります。
こちらは別途製品のご購入をお願いします。

IBM Verse On-Premises 1.0.3の資料は
IBM Verse On-Premises 1.0.3 の資料
で確認できますので、しっかりと読んでおきましょう。

OnTimeの資料は
OnTimeご紹介資料
で確認できますので、しっかりと読んでおきましょう。

3.OnTimeのカレンダーを開く方法
まず、どうやってOnTimeのユーザーのカレンダーを開くのかですが、
こちらのURLに方法が紹介されています。
ブラウザクライアント起動時のパラメータ指定
このページの中の
「■特定のユーザーやグループを指定して開く。」というセクションにあります。
それによると、
http://HOSTNAME/FOLDER/O…

IBM Verse Extensibilityを使ってみよう!

イメージ
皆さん、こんばんは!今日も夜に更新です!(言い切った!)

昨日はIBM Verse On-Premisesを導入してみました。今日もしっかりと動いています!
ということで、今日はその続きとなる「IBM Verse Extensibility」についてみていきます。
テクてく11月度の資料は
【資料公開】テクてく​​​​​​​​​​​​L​o​t​u​s​​技​​術​​者​​夜​​​会​​​:​ザ・​デベロッ​パー編​​​​17​_​11_1​7
に公開してありますので、そちらを読んでいただくと、より一層理解が深まりますので、お忘れなきよう!

その他、
GitHub にもサンプルアプリケーションが公開されています。
IBM Verse Developers
開発者用のドキュメントはこちら。
IBM Verse

これらも必ず見ることをお勧めします。

では、IBM Verse Extensibilityを見ていきましょう。
小難しいアーキテクチャはおいておいて・・・
どういったものかというと、
「IBM Verse」を拡張したり、他のWebアプリケーションと連携する
ものです。
その中で、Verse Extension Pointsという形で用意されている拡張機能は、
今のところ、
com.ibm.appreg.ext.simpleLink
com.ibm.appreg.ext.templatedLink
com.ibm.verse.ext.widget
com.ibm.verse.ext.namePicker
com.ibm.verse.ext.beforeOnSend
com.ibm.verse.ext.liveText
です。

テクてくでは、
com.ibm.verse.ext.liveText
com.ibm.verse.ext.beforeOnSend
com.ibm.verse.ext.namePicker
が紹介されました。

このうち、
 com.ibm.verse.ext.beforeOnSend
については、IBM Championの吉田さんがご自身のブログで紹介していますので、そちらをご覧ください。
リンクはこちら。
IBM Verse からのメール送信前に確認画面を表示する

このブログでは、
com.ibm.verse.ext.namePicker
をXPa…

IBM Verse On-Premisesを導入してみよう!

イメージ
皆さん、こんにちばんは。
前回の投稿からほぼ一カ月が過ぎました。ホントに遅筆で申し訳ないです。

言い訳の一つでもすると(毎回だな・・・)、11月は毎年毎年イベントが多いのです。
少しずらしてほしいものです。
ブログの更新も大事な作業の一つ(仕事ではない・・・)なのですが、多くのイベントがあると優先順位が下がってしまうんですよね。


さて、これくらいにして今日の話題に行きましょう。
11月15日に行われたノーツコンソーシアムオープンセミナーで、「ザ・ノーツ研究会」がIBM Verse On-Premisesの構築方法について発表を行いました(発表したのは私なんですけどね・・・)。
資料はこちら→S15_TheNotes_NotesConsortiumOpenSeminar2017_NotesLabo.pdf

そして、11月17日に行われたテクてくLotus技術者夜会ではIBM Verse Extensibilityの話。

もう、これはIBM Verseについてブログの記事を書け!というお告げとしか思えません(思えない・・・)。

ということで、これから2回にわたって、IBM Verseについての記事を書きます。前半の今回は、IBM Verse On-Premisesの導入方法について書いていきます。
実際問題、上記のノーツコンソーシアムオープンセミナーの資料を見ていただければ、構築できるはずなんですが、いきなりIBM Verse Extensibilityの話を書いても、???となりそうだったので、その前段ということです。


では、見ていきましょう。

なお、全体の手順は
IBM Domino メール・サーバーでの Verse オンプレミス の構成とインストール
にばっちり出ていますので、そちらを読んでいただければ、以下の文章は全く必要ありません(笑)

1.前提条件
IBM Verse On-Premisesを導入するには、条件があります。
Windows版 or Linux版のIBM Domino 9.0.1 FP8 IF3以上です。
私が構築した環境は
64bit版Windows Server 2008 R2 Enterprise
IBM Domino 9.0.1 Feature Pack9
IBM Notes 9.0.1 Feature Pack9
IBM Verse On-P…

スコープ変数の有効期間について

イメージ
みなさん、こんにちは。10月になり急に冷え込みました。
体調を崩しやすくなっていますので、くれぐれも気を付けてくださいね。


今日はXPagesのスコープ変数についての話題です。
ご存知の通り、スコープ変数には、
applicationScopesessionScopeviewScoperequestScope の4種類があります。

当ブログでは、セッションスコープ変数はどこで使われているのか?という記事で一度だけ取り扱ったことがあります。
ですが、それもsessionScope変数に限った話であり薄っぺらいものでした。

そこで今回はもう少し詳しく見ていこうと思います。

それぞれのスコープ変数には、有効範囲や有効期間といったものがありますが、主に有効期間について見ていきます。

1.applicationScope 概要 Notes アプリケーションに対して設定されるもので、アプリケーション利用者全員で共有します。
アプリケーション利用者が最初にアクセスした時点で設定されます。
有効期間 有効期間は、最後にアプリケーションにアクセスした後、決められた時間までです。
その時間を経過すると初期化(クリア)されます。
この時間は、デフォルトは30分ですが、Notes アプリケーションの「XSPプロパティ」の中にある「アプリケーションタイムアウト」で変更することができます。

2.sessionScope概要
ユーザーごとに設定されるもので、各アプリケーション利用者が最初にアクセスした時点で設定されます。
有効期間 有効期間は、最後にアプリケーションにアクセスした後、決められた時間までです。
その時間を経過すると初期化(クリア)されます。
この時間は、デフォルトは30分ですが、Notes アプリケーションの「XSPプロパティ」の中にある「セッションタイムアウト」で変更することができます。


3.viewScope 概要 ユーザーごとでなおかつ同一ページ内で利用されるもので、各アプリケーション利用者が最初にアクセスした時点で設定されます。
有効期間 有効期間は、ページ遷移が発生するタイミングまでです。別のページを開いた瞬間に値がクリアされます。部分更新を続ける限りは値は保持されたままになります。
明確なタイムアウトの時間は設定されていませんが、applicationScopeが…

XPagesで日付フィールドの表現方法を変えてみる

イメージ
皆さん、こんにちは。
9月も終盤に突入しました。今月が期の終わりで締めの作業に入られている方も多いことでしょう。
忙しいからと無理をしすぎて、体調を崩すことがないようにしましょうね。食中毒なんてもってのほかですよ。


今日はXPagesの話題です。
そして、またまた日付に関する話題です。

フォームの日付/時刻フィールドをXPagesにバインドして表示することができます。
この時、プロパティで表示タイプや表示形式を選択することができます。

「表示タイプ」には"文字列"、"マスク"、"ブール値"、"数値"、"日付/時刻"の選択肢がありますが、ここは迷わず"日付/時刻"でしょう。
実際に、フィールドタイプが「日付/時刻」型の場合、バインドさせようとすると、ここは自動的に"日付/時刻"で設定されます。


問題は「表示形式」です。
選択肢は"日付のみ"、"時刻のみ"、"日付と時刻"、"カスタム"が用意されています。

日付と時刻はそれぞれ「スタイル」の設定ができて、その選択肢は、"デフォルト"、"短く"、"中間"、"長く"、"フルモード"になります。

画面には、もう一つ。「パターン」という項目がありますが、なぜかグレーアウトしていて選択することができません。

この状態でも色々な表現方法が選べるのはとてもありがたいのですが、やはり他の選択肢がないのは困ります。
本当に「パターン」は設定することができないのでしょうか?


実はできます。
プロパティ画面のうち、「すべてのプロパティ」タブを選択して、その中の「データ」「converter」「pattern」という項目がそれになります。
ここに表示スタイルを記述することで画面に表示するときに指定した形になります。
下図は「yyyyMMdd」と指定してあります(日付は区切り記号なしの年月日で表示されます)。

ここで、patternに式を設定すると、なぜか「データ」タブの「パターン」項目がアクティブになり、設定形式を変更することが…

IBM Domino 9.0.1 Feature Pack 9をインストールしてみました

イメージ
皆さん、おはようございます。
今週で8月も最後です。つまり今年はあと4ヶ月ほどになります。
早い、早すぎる・・・一年ってこんなに短かったっけ?というくらいに早いです。

なので、色々と早くやらないといかん!ということで本日の話題に行きます。

皆さん、ご存知かと思いますが、先日IBM Notes/Domino 9.0.1 FP9がリリースされました!(実は前回の記事を公開したときには、すでにリリースされていたというオチも・・・)

FP8が2017年3月上旬にリリースされて以来、約5カ月ぶりのリリースです。
私の見立てでは、9月末にリリースかなぁなどと勝手に予想していたので、ちょっと慌てています。

ですが、リリースされた以上、検証しないわけにはいかないので、早速?インストールしてみました。


まず、Feature Packの入手方法は、前回(FP8)と同じく、Fix Centralから行えます。
https://www-945.ibm.com/support/fixcentral
からダウンロードできました(要IBM ID)。

今回は先にDominoをインストールしたのでそちらの紹介から。
私の環境はWindowsの64bit版をつかっているので、「DominoServer_901FP9_W64」を選択してダウンロードしました。
ダウンロードした「domino901FP9_w64.exe」を実行するだけなのも前回と変わらずです。
粛々と実行して、インストールしましょう。

今回も テンプレートが更新されていますので、それもダウンロードしておく必要があります。

FP8では、ドミノディレクトリとメールだけでしたが、FP9ではそれに「DJX管理ツール」「個人アドレス帳」が追加されています。
細かいところは調査していませんが、「個人アドレス帳」が更新されているので、各クライアントに配布して設計の置換をしてもらうという作業が必要になるでしょう。

さて、インストールが完了してDominoを起動したので、本当にFP9になっているかを確認しましょう。
下図は、Domino Consoleを起動して、「show server」コマンドを実行したものです。

赤枠で囲ってあるように、IBM Domino 9.0.1 FP9になっていますね。

この後、テンプレートの置換を行います。ドミノディレクトリ…