投稿

2月, 2017の投稿を表示しています

IBM Connect 2017閉幕

イメージ
サンフランシスコ、最後の夜にボーっとしている御代です。
っていうか、ボーっとしている暇はないのですが(笑)

さて、ついにIBM Connect 2017が閉幕しました。
最終日は、特にクロージングセッションがメインとなるため、人も少なくなっています。
そのせいもあってか、今年もあっという間に終わった感じがします。



本日は、いくつか聞きたいセッションがあったのですが、IBM Championの集まりがあったのでそちらを優先させました。
ところが、Executive Meetingというものを日本IBMの方がセッティングしてくれたので、IBM Championの集まりまで、そちらに参加することにしました。

Executiveの話はさすがに面白かった(上手かったというべきかな?)のですが、なにぶん、長いこと長いこと。(次の予定があるんだけどなぁ・・・)と思いつつ、リチャードさんとインヒさんの話は聴きました。
そこで退席するつもりだったのですが、QAの時間で、一緒に参加していたお隣の大陸の国の方が質問をされて、さらに時間が長引きまして・・・(質問も要領を得ないんですよね。よく言えば自己アピールがうまいんです!ここだけは日本人も見習った方がいいと思ってしまった自分が悔しい)

結果・・・
IBM Championの集まりに遅れてしまい、肝心のイベントを一つ逃すという失態を犯してしまいました。
残念。


そこで、もともとの予定に切り替えてセッションに参加しました。

「Refresh and extend your Domino apps」というものです(セッションタイトルが予定と変わっていて、入ってから、あれ???あってる?」と困惑しました。
こちらはアプリケーションのモダナイゼーションについての話でした。
まず、古いアプリケーションをどうするか?という話に始まり、次にNotes/Dominoの強みは何か?ということでこんなスライドを表示していました。

 一番目につくのが「セキュリティ」ですね。こちらはACLやユーザIDの暗号強度を差していると思われます。そのほか、ワークフローやカスタマイズの自由さ、複製、コラボレーションといった単語を挙げて説明していました。
メールとか連絡先はすごく小さく書かれていて、強みではないといっているような気がするのは気のせいでしょうか・・・

そのあ…

Notes/Domino のロードマップが示されました!

イメージ
みなさん、こんにちは。
サンフランシスコ滞在4日目にして、やっと晴れました\(^o^)/

今日はIBM Connect 2017の2日目でした。

私の予定は、
IBM Verse のロードマップの確認IBM Notes/Dominoのロードマップの確認IBM Champions Lunch Sessionへの参加 そしてSpecial Eventでの楽しいひと時を過ごす!でした。

では一つずつ・・・といいたいところですが、諸事情により、わたくしからはIBM Notes/Dominoのロードマップの発表だけといたします。


昨年までは、Notes/Domino NEXTという形で次期バージョンのアップデート内容を発表していましたが、2016年9月に発表があったように、IBM Notes/Dominoは9.0.1のFix PackをFeature Packと名前を改めることにして、不具合の修正および追加機能をこのFPの中で行うことになりました。

したがって、今回のIBM Connect 2017のセッションでは、2017年にリリースするFeature Packのバージョンとその更新内容についての説明でした。

まずは、お約束のように、2016年に達成したことを説明していました。
こちらについては、事実の確認だけですので、説明は省きます。
製品を使って実際に試してください。

次に、Feature Packのリリースの方法について説明がありました。
私の聞き取りに間違いがなければ、インストーラとテンプレートは別々に提供します
という話でした。
古いテンプレートのバックアップし忘れの対策か何かでしょうか?
ここは要注意だと思います!

そして、次に2017年にリリースするFPのバージョン及び更新内容のスライドが表示されました。
こちらです!
まずは、IBM Notesクライアント(Windows版)です。

・・・あれ?どこかでみたことがあるような図だな。
えーっと一番左が2016年のFP7で達成したことね。ふむふむ。
左から2番目がFeature Pack8ね。そこだけを拡大してみてみましょう。

Java 8のランタイムのサポートメール、カレンダー、連絡先、ToDo にインターネットアドレスを表示する 転送されたMIMEメールを読み取り専用で表示メールテンプレートをアップデートグ…

IBM Connect Hackathonの結果発表!

イメージ
皆さん、こんにちは。

サンフランシスコに滞在中の御代です。
本日もIBM Connect2017の情報をお届けします。
と言っても、執筆中の今現在、時刻は2/22の1:10です。あと、7時間もすれば、次のセッションが開始されるという過酷な状況に置かれていますので、簡単に済ませようと思いますので、ご了承ください。


まず、何度も書いているように実は本日(2/21)が初日でした。
初日と言えば、Opening General Session、通称OGSがある日です。
今年はBusiness Partner Dayがなく、同日に開催されています。

スケジュールとしては、
8:00 - 9:30 Business Partner OGS
10:00 - 11:15 OGS 第1部
13:00 - 14:15 OGS 第2部
という変則的なものでした。

Business Partner OGSは文字通りビジネスパートナー及びIBM社員だけが参加できるセッションで、エンドユーザ様は別のジャンプスタートのセッションに参加していただくことになっています(ビジネスパートナーでも参加は強制ではないんですけどね)。

今回もアワードの紹介がありました。
日本からはコムチュアさまが表彰されていました。おめでとうございます。
壇上でトロフィーを受けとっていただくのですが、進行をスムーズにするために、トロフィーは使いまわしでした(笑)
 →あとで、ちゃんと受け取ったと思います(知りませんが)。
なので、どんなふうにトロフィーを受け取ればいいのかはわかっていたはずです(写真撮影があったので)。
ですが・・・
やってしまいました。何が起きたのかはご本人の名誉のために伏せますが、会場からは大きな笑いが起こっていました。


そして、OGSです。
内容についてはIBMGOに動画が出ていますので、そちらで直接確認してください。

なお、今年もIBM Championsがスクリーンにでかでかと紹介されていました。

オーランドのときと違う点としては、中央がステージで、その両脇に大きなスクリーンが用意されているところです。
スクリーンを見ていると、ステージで何が起きたのかを見落とすことがあったり、ステージを見ているとデモや製品紹介の画面が小さくて、何が書いてあるのかわかりにくい!というところが難点でした。
そういっ…

IBM Connect 2017 Hackthonに参加してきました!

イメージ
みなさん、こんにちは。
サンフランシスコに滞在中の御代です。
今日は朝からずっと一日中雨降りというあいにくな天気でした。
結構な量が降っているはずなのに、こちらの方は傘を差さない人が多かったです。
かくいう私もさしませんでしたが(笑)

(現地時間の)明日の昼からは晴れる(だろう)との予報なので、頑張りました!



さて、本日はまだIBM Connect 2017は受付開始とWelcome Reception(立食パーティーですね)だけで、まだ始まったわけではありません。
しかし、昨日の記事(今年はサンフランシスコにやってきました!)で書いたように、別のイベントがあり、それに参加してきました。

その名も「IBM Connect 2017 Hackathon」です。
OpenNTFというコミュニティグループが主催するハッカソンのイベントで、各国のIBM Championたちも参加して、テーマに従ってプログラムを作成、発表するというものです。
場所はサンフランシスコにあるIBMの事業所です。
IBM Connect 2017の会場からは歩いて15-20分くらいの距離でした。
私(を含めた日本人チャンピオンズ)の宿泊しているホテルからも10-15分程度の距離ということで雨の中、向かっていくのはちょっと疲れました。

会場に着いたら、すでに他のメンバーは到着していて、われわれ日本人チームが最後でした。
それを知ってか知らずか、一番前の座席が空いており、われわれはそこに強引に座らされました(^^;

そして、開催時刻の8:45になったので、今回のハッカソンの説明が始まりました。
行う工程は
UIデザインプログラミングテストドキュメント作成 です。
出来上がったら、最後に各チーム10分間のプレゼンテーションの時間が与えられます。
その中で、プログラムの説明やデモを行うというもので、とてもハードでした。
プレゼン時間があるため、実際のタイムリミットは16:00でした。
通常では、考えられない時間ですが・・・やってのけました。
話が前後しますが、チーム構成は、各チーム5人以上でしたが、日本人はコミュニケーションの問題?から
全員同一チームを組ませてもらいました(笑)
ちなみに、全部で8チームです。

ということで、参加メンバーは
日本IBM 佐藤さま
ケートリック 田付さま
ソルクシーズ 吉…

今年はサンフランシスコにやってきました!

イメージ
皆さん、こんにちは。と言っても、私がいる場所は、現在夜の10時をまわったところです。
はい、今年も例のイベントに参加すべく、アメリカ合衆国までやってまいりました。

例のイベントとはもちろん、IBM Connect 2017のことです。

昨年までは20年の間、フロリダ州オーランドで開催されていましたが、今年はカリフォルニア州サンフランシスコで開催されることになっています。
すなわち、私は今、サンフランシスコのホテルの自室でこの記事を執筆しているのです。

IBM Connect 2017自体は2017年2月21日(火)~2017年2月23日(木)に行われます。
※HP上では、2/20 - 2/23となっていますが、2/20はWelcome Receptionだけで、何も行われません。

今現在の日付は、サンフランシスコ時刻で2/19 22:16です。
つまり、まだ明日1日は何も行われない(はずな)のです。
にもかかわらず、なぜ私はここにきているのでしょうか?

遊びに来てる?
いえいえ、とんでもありません。
実は2/20にあるイベントが行われることになっており、他のIBM Championsと一緒に参加するために1日早く渡米したのです。
イベントの内容については、明日のブログ記事で書こうと思っていますので、今しばらくお待ちください。

すでにtwitterやfacebook等で、サンフランシスコの様子をアップしていますが、一緒に来ているのは、
IBM Championの田付さん、吉田さん、小野さんと私の4人です。
明日のイベントには日本IBMから佐藤さんが一緒に参加していただけることになっているため、本日より現地で合流して、親睦を深めています(誰ですか、今更?とか言っている人は?明日はチームの連携力が試されるので、親睦を深めるのは大事なことなんですよ!)

さて、そんなIBM Championsですが、毎年現地では誰かが何かを巻き起こしてくれます。
今年はサンフランシスコになって、近くなったので、そんな事件は起きないだろう・・・と楽観視をしていたのが良くなかったようで、初日から色々と起こりました。

簡単に表にまとめてみました。

圧巻だったのは、O氏です。入国審査で、相手が何を言っているのか聞き取れなかったらしく、仕方なしに?IBM Connect 2017の資料を見せて、自…

IBM Watson Workspaceのイベントを取得してみよう

イメージ
皆さん、こんにちは。
寒い日が続いています。(自戒を込めて)体調管理には十分気を付けましょう。

さて、今日もIBM Watson Work Serviceについての話題です。

前回は、Node-RED上でプログラムを実行してIBM Watson Workspaceのスペースにメッセージを投稿するということをやってみました。

今回は逆に、「IBM Watson Workspaceのスペースにメッセージが投稿されたら、それを取得してTwitterにその内容をカスタマイズしてツイートしてみる」ということをやってみます。


流れは以下のようになります。
※IBM Watson Workspaceに行ったり、Node-REDに行ったりとするので間違えないようにしてください(アプリの設定をする関係上、このような順番になります)。

IBM Watson Workspaceにスペースを作成するNode-REDアプリケーションを作成するIBM Watson Work Serviceでアプリを作成するwebhook を設定したアプリケーションを作成するIBM Watson Work Serviceのアプリのwebhookを有効にするスペースにアプリを設定する IBM Watson Workspaceにメッセージを投稿するTwitterで投稿されたかどうかを確認する
1.IBM Watson Workspaceにスペースを作成する 前回の記事を参考にして、新しくスペースを作成します。
※面倒であれば、同じスペースを使ってもよいです。

2.Node-REDアプリケーションを作成する 今回もIBM BluemixにNode-REDのアプリを作成します。
wwsNodes - Waton Work Services Nodes for NodeRedを導入するのを忘れないようにしてください。
※面倒であれば、同じスペースを使ってもよいです。

3.IBM Watson Work Serviceでアプリを作成する 前回の記事を参考にして、新しくアプリを作成します。
※App IDとApp secretを控えておくのを忘れないように!
アプリが作成できたら、作成完了画面で「Listen to events」のリンクをクリックします。画面が変わるので、[Add an outbound webhook]ボタンをクリック…

IBM Watson Workspaceにプログラムでメッセージを投稿してみよう

イメージ
皆さん、こんにちは。

2月に入り、節分もあっという間に過ぎてしまいました。豆まきはしたんでしょうか?
今年は、ネットやテレビで、「渡辺さんは豆まきをしなくてもいい」というのをやってましたね。
なんでも、鬼(ここでは酒呑童子のことらしい)退治をした渡辺綱を恐れて、仲間の鬼に吹聴したようで、わざわざ追い払わなくても向こうから寄ってこないだとか・・・
色々な伝承があるものですね。

閑話休題。

今回もIBM Watson Workspace/IBM Watson Work Serviceについての話題です。
前回、前々回の記事から時間が空いてしまいましたので、併せて読んでいただいた方が良いかもしれません。
IBM Watson Workspaceを使ってみよう。
IBM Watson Work ServicesでGraphQLを使ってみよう


今回は、GraphQLをプログラムで実行する方法をやってみよう!となっているので、IBM Watson Workspaceにプログラムでメッセージを投稿するというサンプルを作ってみましょう。

前回紹介したスライドでは、プログラム言語は、Node.jsを使いますよ。といったことが書いてありました。
Node.jsはサーバサイドのJavaScript環境です。そのため、JavaScriptの知識は必須となります。
Notes/Dominoの場合、XPagesを使っていれば、自然とJavaScriptは覚えていくはずですので、併せて覚えるにはちょうど良いのではないでしょうか。

ですが・・・Node.jsを使って、ゴリゴリとプログラムを記述するよりももっと簡単な方法があります。
Node-REDを使いましょう。
こちらはNode.jsをプラットフォームとしているもので、UIでフローを作成して実行するというものです。
当ブログでも昨年(2016年)のXPages研究会のハンズオンの内容の紹介で記事を書いています。
XPages研究会のハンズオンをまとめましたよ(1)



では、実際に見ていきましょう。

まず、今回のアプリケーションの概要です。
といっても、とても簡単です。
アプリケーションは「IBM Watson Workspaceにメッセージを投稿する」というものにします。
IBM Watson Workspaceにスペースを作成するIBM Watson…