投稿

12月, 2017の投稿を表示しています

LotusScriptによるイベントの確認

イメージ
皆さん、こんにちは。

2017年もついに終わりを迎えますね。

今年は皆さんにとってどんな一年だったでしょうか?
私は後半、自信を取り巻く環境が大きく変わりました。まだ、その変化に自分自身が付いていけてない部分がありますが、年が明けたらそうも言ってられないのでなんとか気持ちを切り替えていこうかと思います。


さて、今年最後の記事は、
IBM Verse ExtensibilityにしようかXPagesにしようか、Watson Work Spaceにしようか等々色々迷いましたが、
NotesエンジニアはまだまだLotusScriptが好きだろうという事で
LotusScriptでのイベントの確認をやってみます。
何気に書いてなかったんですね。

ただ、普通にQueryOpenとかQueryCloseとかについて書いても面白くないので、
今回はフィールドのイベントであるOnBlurとOnChangeについて検証してみます。

いずれのイベントも元々はWebで利用するためのものです(下図参照)が、
「実行」と書いてある場所を"Web"から"クライアント"に変更すると、右側の"JavaScript"の選択肢に"LotusScript"が追加され、Notesクライアントでの動作の場合、LotusScriptで記述できるようになります。

では、このOnBlurとOnChangeはどういったイベントなのかを見ていきましょう。

Designerヘルプによると、
OnBlurは
編集モードでカーソルがフィールドから抜け出たときに発生します。
注: このイベントは R6 で新しく追加されました。

とあります。
あれ?フィールドから抜け出たときのイベントなら「Exiting」があったよね?と思う方もいることでしょう。
そこでExitingについてのヘルプを見てみると、
編集モードでカーソルがフィールドから抜け出たときに発生します。
注: Release 6 以降では、OnBlur を使用することをお勧めします。

とあります。
うん、やはり同じ意味のイベントですね。
ですが、R6以降はOnBlurを使ってね。とあります。
R5以前からIBM Notes/Dominoを利用している方で、すでにR6以降にバージョンアップした方…

IBM Verse ExtensibilityとOnTimeを連携させてみよう!

イメージ
こんにちは、今日はクリスマスイブだそうです。
私には1mmも関係ありませんが(笑)

今日は、先日一足早いクリスマスプレゼント?をいただいたので、それの紹介をします。
クリスマスプレゼントとは「IBM Verse Extensibilityに関する」ものでした。

IBM Verse Extensibilityについては前回の記事でname pickerについて実装方法を紹介しましたが、今日は「com.ibm.appreg.ext.templatedLink」を使ったOnTimeとの連携方法についてです。

IBM Verseのビジネスカードから、対象ユーザーのOnTimeのカレンダーを開くというものです。

私は前回同様、IBM Verse On-Premises版での実装方法の紹介です。
それでは見ていきましょう。

1.参考URL
なお、同じ内容のIBM Verseのクラウド版での実装は、IBM Championの吉田さんが紹介してくれていますのでそちらも是非ご覧ください!
IBM Verse 機能拡張を使って、ビジネスカードからユーザーの OnTime カレンダーを開く



2.前提条件
・IBM Verse On-Premises 1.0.3が必要になります。
こちらは2017年12月20日にダウンロードできるようになりました。
パスポートアドバンテージもしくはソフトウェアアクセスオンラインからダウンロードしてください(ライセンスが必要になります)。
・OnTime Group Calendarが必要になります。
こちらは別途製品のご購入をお願いします。

IBM Verse On-Premises 1.0.3の資料は
IBM Verse On-Premises 1.0.3 の資料
で確認できますので、しっかりと読んでおきましょう。

OnTimeの資料は
OnTimeご紹介資料
で確認できますので、しっかりと読んでおきましょう。

3.OnTimeのカレンダーを開く方法
まず、どうやってOnTimeのユーザーのカレンダーを開くのかですが、
こちらのURLに方法が紹介されています。
ブラウザクライアント起動時のパラメータ指定
このページの中の
「■特定のユーザーやグループを指定して開く。」というセクションにあります。
それによると、
http://HOSTNAME/FOLDER/O…