投稿

2019の投稿を表示しています

対称クラスタの設定と動作確認

イメージ
皆さん、こんにちは。Dominoしてますか?
現在、HCL Domino V11のベータ版が公開されていて、それを使い倒しているのではないでしょうか?
かくいう私も・・・
すみません。あまり触れていません。というのも、V10の新機能をすべてきちんと使いこなせていないからです。
V10がわかってないのに、V11なんてわかるだろうか?いや、わかるはずもなかろう!

ということで、V10の新機能のうち、積み残していたものを評価してみました。
ブログ記事にそのまま載せるには少々わかりにくいだろうということで、SlideShareに資料を載せましたので、こちらでも紹介します。


今回、評価したのは「Symmetric cluster」です。日本語訳にすると「対称クラスタ」。・・・ですが、実は日本語の正式名称はありません。ドキュメント(ヘルプ)が日本語化されてないのです。
なので、英語のまま「Symmetric cluster」でもいいですし、カタカナ読みした「シンメトリカルクラスタ」でもいいですし、日本語訳した「対称クラスタ」でもいいでしょう。
いずれも同じことを意味するものなので覚えておきましょう。


資料はこちらから参照できます。

対称クラスタの設定と動作確認 from Masahiko Miyo


資料の最後でも触れていますが、いくつか未確認の項目があります。
これらを評価した方は是非、結果を教えてください。


それでは今日はこの辺で・・・





Notes/Dominoで困ったことがあれば、弊社にお問い合わせください。 HCL Ambassadorの私が承ります!
お問い合わせはこちらから→

NDS2019へご参加いただき、ありがとうございました

イメージ
皆さん、こんにちは。
なんと、10月になりました。何もしてない(ことはないけど・・・)のに、今年も残り3ヶ月を切ったとは驚きです。

さて、9月半ばから3週間にわたり、全国5カ所で開催したNDS2019が終わりました。
弊社もシルバースポンサーということで参加いたしました。

弊社のセッションは15分と短めでしたので、なかなか伝えきることが出来ずに申し訳ありませんでした。
約束通り、スライドを公開いたしますので、少しでも気になった方はご覧いただければ幸いです。


XPagesのtips紹介 from Masahiko Miyo


そこで、NDS2019のフォローアップセミナーということでケートリック様と合同でWebセミナーを開催することにいたしました。
セミナーの概要とお申し込みは以下のサイトから出来ます。
NDS2019フォローアップ合同セミナー

NDS2019では語りきれなかったことをたっぷりと話しますので、是非お申し込みください!



また、私はIBM Champion改め、HCL Masterとしても参加いたしました。
HCL Masterの日本人チームでHCL Nomad用のアプリを作成、コンテストへ応募しました!という内容のものです。
スライドを公開しますので、こちらも参照していただければ幸いです。


HCL Nomad用アプリケーション プレゼント企画 from HCL Masters Japan




それでは今日はこの辺で・・・




Notes/Dominoで困ったことがあれば、弊社にお問い合わせください。 HCL Ambassadorの私が承ります!
お問い合わせはこちらから→

任意のキーを押したらループを抜ける

イメージ
皆さん、こんにちは。

気がついたら、もう立秋が来てって、もうすぐ立秋の時期も終わりそうです。
涼しくなってきてホントに秋じゃないか!というくらいです。

そんな中、今日お送りする話題はLotusScriptのtipsです。繰り返し処理をする際、ループ回数は決められないので、キー入力をした時点でループを抜けられるようにしたい。
という要望がありました。
そんなこと可能なのかなぁ?と考えつつ、キー入力を受け入れられればいいんだよなぁ。とNotesのヘルプを見ていました。

すると、SendKeys ステートメント (LotusScript 言語)
というものがありましたので、読んでみたところ、キー入力をプログラムで行いますよ。
というもので、要望とは違っていました。
うーん、残念・・・

そこで、ちょっと考え方を変更。
LotusScriptはVB互換なので、VB関係でそういったことが出来るのではないか?と・・・

ということで検索してみたら、ありました。

GetAsyncKeyState」という関数を利用すると出来るようです。
この関数は、WindowsのUser32.dllの中に含まれているため、LotusScriptで使用する場合、
(Declarations)に
Declare Function GetAsyncKeyState Lib "User32.dll" (Byval vKey As Long) As Long

という一行を追加する必要があります。

ではサンプルです。
Sub Click(Source As Button)     Const vbKeyF3  = 114     Dim i As Long         Do While True         'F3キーで終了         If GetAsyncKeyState(vbKeyF3) Then             Exit Do         End If                 Print Cstr(i) & "回目のループ"         i = i + 1     Loop         Msgbox "F3キーが押されたのでループを終了しました。" End Sub

ひたすらループし続…

フレームセットでプレビューを実現する

イメージ
皆さん、こんにちは。

たまにはブログでも書いてみようかと思います。
 (決して暇ではありません。ちょっとやけ気味なだけですw)

さて、今日はフレームセットについてです。

先日(と言っても、もう数ヶ月前ですが)、Domino Mobile Appsがリリースされました。
さらに、次期バージョンではiPhoneで動作するようになるよ。
という話も出ています。
その中で重要になってくるのは「フレームセット」という設計要素になるそうです。

フレームセットはNotes R5で実装された機能で、当時のWebサイトはフレームに区切って表示するというのが流行っていて、それを踏襲しますよ。という形での実装だった記憶があります。
NotesクライアントやクラシックWebでも利用できると言うことで、便利に使っていました。

と思っていたのですが・・・
お客様のNotes DBをいくつか拝見したところ、あまり使われていないことが分かりました。
まだまだ「ナビゲーター」を多用されているようです。ビューの数が多いDBになると、ナビゲーターすら使っていないというのもありました(ビューの数が多かったら、ナビゲーターでボタンを配置するのも大変ですからね)。

と言いつつ、DMAで利用する場合には、フレームセットがあった方がいいかな?
さて、そんなフレームセットですが、そのままだと文書のプレビューができません。

今回は、フレームセットでのプレビューを実現する方法について説明します。

フレームセットでのプレビューは、メールDBで実装されているので、まずはそちらを参照してみましょう。

メールDBを開くと、最下部に細長いバーが表示されています。
ここをクリックすると・・・

はい。選択したメール文書がプレビューとして表示されました。
これを通常のNotes DBで実装してみます。

まずは、Designerでフレームセットを作成します。
フレームは最低2つに分割します。
分割方法は好きに選んでください。今回はメールDBと同じように、画面下部に表示させるので、上下の2分割にしました。

上のフレームにはビューを表示するようにします。
このとき、「フレーム内のリンクのデフォルト対象」には"NotesPreview"と入力してください。この値は、決まり事です。
詳しい理由については、 プリビューペイン…

チェックボックスグループ/ラジオボタングループのレイアウトをカスタマイズしてみよう

イメージ
皆さん、こんにちは。
IBM Notes/Domino 10.0.1の日本語化パックも利用できるようになりましたね。
そろそろ、試して使っている方も増えてきているのではないでしょうか。
かく言う私もダウンロードしてテスト用の環境を構築しています。
ブログ記事として公開すべく、色々と調査を行っております。
もうしばらくお待ちください。

ということで、本日はv10ではなく、XPagesの話題です。

1.チェックボックスとチェックボックスグループ 今回もチェックボックス、ラジオボタンの話題です。
XPagesには「チェックボックス」「ラジオボタン」と「チェックボックスグループ」「ラジオボタングループ」というものがあります。
前者は選択肢が一つしかない場合で(ラジオボタンの場合、グループ名をセットすることで単一選択を可能にします)、後者は選択肢を複数設定できるものになります。

前者の場合、選択肢が一つしか設定できないので、自由にレイアウトをすることができます。極端な話、ページの最上部と最下部においても良いです。ですので、表組みなどをして、その中で整列させて表示させることが可能になります。
一方、後者の場合、選択肢が複数設定されているため、レイアウトの設定は限定的になります。

今回は、チェックボックスグループおよびラジオボタングループのレイアウトをカスタマイズするという話にします。


2.チェックボックスグループの標準出力
どういうことを言っているのか、まずは標準でできる方法を見てみましょう。
チェックボックスもラジオボタンも内容については同じですので、この後は、チェックボックスを使った例で見ていきます。


このように、チェックボックスグループのレイアウトは横並びもしくは縦並びを選択することができます。

チェックボックスグループのプロパティを見ても、「水平」と「垂直」しか選べないのがわかります。

そして、並びもあまりきれいではありませんよね。垂直の場合は、きれいに並んでいますが、単純に場所の無駄遣いが目立ちますし、水平の場合、どこにチェックボックスがあって、どこまでが選択肢なのか全くわかりません。
これでは利用者は使いにくくて困ってしまうでしょう。


3. レイアウトを確認してみる 今回は、決められた範囲内でチェックボックスが折り返して表示されるようにしてみます。
そのために、…

Domino Configuration Tunerを使ってみた

イメージ
皆さん、こんにちは。
役3ヶ月ぶりのブログ投稿です。そして、2019年初のブログです。

今日は、Domino Configuration Tunerというツールについて見ていきます。

1.なぜDomino Configuration Tuner? まず、なぜこのツールについての話なのか?ですが、今年IBM Champions for ICSに新しく任命された「ファイヤー!チャンプ」こと中野さん(ノーツってヤッぁ..二児の父の苦悩つのブログでおなじみですね)が、
コミュニティの中で、こんな発言をしました。

普段なら、気にもとめないのですが、次のこの発言で、「お!?気になるな」となり、私も調べてみようということになったのでした。

中野さん、面白いネタをご提供いただき、ありがとうございます、ファイヤー!


さて、調べた後でわかったのですが、運用管理者の方々にとっては周知の事実かも知れません。その場合は、このまま読まずに終わってもらって構いません・・・


2.ググってみた 知らない単語は、まずググる!
ということで「Domino Configuration Tuner」で検索してみました。
すると、Domino Configuration Tuner を使用してサーバー設定を評価する
というDomino管理ヘルプの文書が見つかるじゃないですか。

どうやら、Notes 8.0以降で、管理クライアントをインストールすればそこにDCT.NTFというテンプレートが一緒にコピーされるようです。
Dominoサーバーにはないようなので、注意が必要です(これは気がつかないよね・・・)

そして、このツールを使うと、「Domino サーバー文書、NOTES.INI ファイル、データベースの詳細なプロパティの設定を検査します。」ということです。
これは、現在稼働中のサーバーの健康診断やバージョンアップ時の参考にもなると思いますので、是非使ってみましょう。


3.使ってみよう では、実際に使ってみましょう。
Notes/DominoはV10でやってみるのが良さそうですが、それだとそんな環境はまだもってないよ!という方が多そうなので、まずは9.0.1の環境で試してみましょう。

まずは、本当にNotesクライアントに「DCT.NTF」があるのかどうか?です。
Notesクライアントで、「DCT.NTF…