投稿

7月, 2019の投稿を表示しています

フレームセットでプレビューを実現する

イメージ
皆さん、こんにちは。

たまにはブログでも書いてみようかと思います。
 (決して暇ではありません。ちょっとやけ気味なだけですw)

さて、今日はフレームセットについてです。

先日(と言っても、もう数ヶ月前ですが)、Domino Mobile Appsがリリースされました。
さらに、次期バージョンではiPhoneで動作するようになるよ。
という話も出ています。
その中で重要になってくるのは「フレームセット」という設計要素になるそうです。

フレームセットはNotes R5で実装された機能で、当時のWebサイトはフレームに区切って表示するというのが流行っていて、それを踏襲しますよ。という形での実装だった記憶があります。
NotesクライアントやクラシックWebでも利用できると言うことで、便利に使っていました。

と思っていたのですが・・・
お客様のNotes DBをいくつか拝見したところ、あまり使われていないことが分かりました。
まだまだ「ナビゲーター」を多用されているようです。ビューの数が多いDBになると、ナビゲーターすら使っていないというのもありました(ビューの数が多かったら、ナビゲーターでボタンを配置するのも大変ですからね)。

と言いつつ、DMAで利用する場合には、フレームセットがあった方がいいかな?
さて、そんなフレームセットですが、そのままだと文書のプレビューができません。

今回は、フレームセットでのプレビューを実現する方法について説明します。

フレームセットでのプレビューは、メールDBで実装されているので、まずはそちらを参照してみましょう。

メールDBを開くと、最下部に細長いバーが表示されています。
ここをクリックすると・・・

はい。選択したメール文書がプレビューとして表示されました。
これを通常のNotes DBで実装してみます。

まずは、Designerでフレームセットを作成します。
フレームは最低2つに分割します。
分割方法は好きに選んでください。今回はメールDBと同じように、画面下部に表示させるので、上下の2分割にしました。

上のフレームにはビューを表示するようにします。
このとき、「フレーム内のリンクのデフォルト対象」には"NotesPreview"と入力してください。この値は、決まり事です。
詳しい理由については、 プリビューペイン…