当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任とします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。
xxのようなサンプルを作って欲しいとかxxxの作り方を教えて欲しいというお問い合わせには応じていません。
このようなお問い合わせは、株式会社エフまでご一報ください。

2019年7月8日月曜日

フレームセットでプレビューを実現する

皆さん、こんにちは。

たまにはブログでも書いてみようかと思います。
 (決して暇ではありません。ちょっとやけ気味なだけですw)

さて、今日はフレームセットについてです。

先日(と言っても、もう数ヶ月前ですが)、Domino Mobile Appsがリリースされました。
さらに、次期バージョンではiPhoneで動作するようになるよ。
という話も出ています。
その中で重要になってくるのは「フレームセット」という設計要素になるそうです。

フレームセットはNotes R5で実装された機能で、当時のWebサイトはフレームに区切って表示するというのが流行っていて、それを踏襲しますよ。という形での実装だった記憶があります。
NotesクライアントやクラシックWebでも利用できると言うことで、便利に使っていました。

と思っていたのですが・・・
お客様のNotes DBをいくつか拝見したところ、あまり使われていないことが分かりました。
まだまだ「ナビゲーター」を多用されているようです。ビューの数が多いDBになると、ナビゲーターすら使っていないというのもありました(ビューの数が多かったら、ナビゲーターでボタンを配置するのも大変ですからね)。

と言いつつ、DMAで利用する場合には、フレームセットがあった方がいいかな?
さて、そんなフレームセットですが、そのままだと文書のプレビューができません。

今回は、フレームセットでのプレビューを実現する方法について説明します。

フレームセットでのプレビューは、メールDBで実装されているので、まずはそちらを参照してみましょう。
最下部にプレビューのバーがある

メールDBを開くと、最下部に細長いバーが表示されています。
ここをクリックすると・・・
プレビューが表示される

はい。選択したメール文書がプレビューとして表示されました。
これを通常のNotes DBで実装してみます。

まずは、Designerでフレームセットを作成します。
フレームは最低2つに分割します。
分割方法は好きに選んでください。今回はメールDBと同じように、画面下部に表示させるので、上下の2分割にしました。
フレームは2つのみとした

上のフレームにはビューを表示するようにします。
上のフレームにはビューを設定
このとき、「フレーム内のリンクのデフォルト対象」には"NotesPreview"と入力してください。この値は、決まり事です。
詳しい理由については、 プリビューペインは名前をこうするとこうなるの
を見てください。

また、左から2番目のタブで幅や高さを設定できますので、「高さ」は"1"の"比率"にしてください。
さらに、スクロールとサイズ変更可は"デフォルト"、"はい"にしておいてください。
フレームの高さは比率1にしておく

次にプレビューを表示するための下のフレームの設定です。
名前は"NotesPreview"とします。
プレビューの名前はNotesPreview
このフレームは最初は表示しなくても良いので、高さを0パーセントにします。
高さは0パーセントにしておく

さらに、真ん中のタブでプレビュー用のバーに表示する文字列を設定します。




ここで大事なのは「表示」の選択肢です。デフォルトでは"なし"になっており、バーが表示されません。"両方"にすると、その上で設定した「表題の式」の内容と矢印が表示されるようになり、利用者に優しい設計になります。
そして、「開く」も設定を変更します。デフォルトでは"0ピクセル"なので、プレビューをクリックしても、文書のプレビューが行われないという悲しい事態になってしまいます。
今回は、"40パーセント"としました。

これで設定は完了です。
実際に動くところを見てみましょう。

先に、Notes DBを開いたときに作成したフレームセットが表示されるように設定します。
起動タブで指定したフレームセットを開くにする

ではNotes DBを開いてみます。
画面最下部にプレビューのバーがある

なにやら画面の最下部に「プレビュー」と書かれたバーが表示されています。
ここをクリックすると・・・
プレビューが表示された

はい。見事に文書のプレビューが表示されました。
DMAではメニューがないので、これを設定しておくと便利でしょう。

※@Command([ShowHidePreviewPane])もありですが、ボタンが増えてしまうので、すでにボタンがたくさんある場合は躊躇するかと思います。


フレームセットを使うと、見た目を調えることもできますので、使ってないとかナビゲーターにしているという場合には、せっかくなので、置き換えてみることを検討してみてください。






それでは今日はこの辺で...





Notes/Dominoで困ったことがあれば、弊社にお問い合わせください。
IBM Championの私が承ります!
お問い合わせはこちらから→Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

はじめまして。
仕事の一部でノーツ及びDomino Designerを使っている者です。
困った現象がありいろいろ検索したり調べたりしていたところ、こちらのブログを見つけ、思い切ってコメントさせていただきました。

隠しビューの非表示を表示させたいときは、Ctrl+Shiftでデータベースのアイコンをダブルクリックして表示させていたのですが、いつの頃からか突然、その操作をしても隠しビューが表示されなくなってしまいました。
特に何かしたわけではないと思うのですが、知らないうちにどこか触ってしまったのかもしれません。
Designerを仕事で使うとはいえ、元からあるものを修正したりして使っているので、最初から作成したことがなく、まったく詳しくありません。
初歩的な質問で恐縮なのですが、もし解決策をご存知でしたら、ぜひ教えていただけないでしょうか。
お忙しいとは存じますが、よろしくお願いいたします。

作業環境はWindows7、Designerのバージョンは9.0.1です。

匿名 さんのコメント...

さきほどコメントさせていただいた者ですが、解決いたしました!
お騒がせして大変失礼いたしました。