投稿

2020の投稿を表示しています

文書を同一フレーム内で表示させる

イメージ
皆さん、こんにちは。
気がついたら、2020年も半分を過ぎていました。は、早いですね・・・ 後半戦も気合いを入れていきましょう。

今日は、HCL Nomadでの開発テクニックを一つ紹介します。 といっても、私が考えているだけなので、もしかしたらお気に召さないかもしれません。
先月(2020年6月19日)に開催された テクてくLotus技術者夜会 でもHCL Nomadについて一コマ持たせていただきました。 そのときの資料はこちらです。
Nomad アプリも作成してみたよ! from Masahiko Miyo
この中で、Nomadアプリを作成する際のコツとして、複数のタブを開かないように1つのフレーム内で完結するようにしました。 というものを紹介しています。
Windows PCのNotesクライアントやiPadなど画面サイズがそれなりに大きいものであれば、ビューや文書を複数のタブで開いても、操作性に問題はないでしょう。 実際に複数のNotes アプリケーションを同時に開くこともあるかと思います。
ただし、androidやiPhoneなどのスマートフォンの場合、画面サイズが限られてきます。 そのような端末でNotesアプリケーションを従来のように開くのは操作性に支障が出る可能性があります(私はタブを閉じるのに苦労しました・・・)。
そこで、フレームセットを使って、一つのフレームの中でビューや文書を開くようにしました。 上で紹介したアプリの場合、フレームセットは上下に3分割しました。 一番上と一番下のフレームはそれぞれヘッダーとフッターで常に固定の設計要素を表示しています。 真ん中のフレームセットにビューや文書を表示するようにしました。そこでフレームの名前として「NotesView」というものを設定しています。
新規文書を作成する場合、 @SetTargetFrame("NotesView");
@Command([Compose];"フォーム名") とすることで、指定したフレームの中に新規文書を表示させることが出来ます。
では、既存の文書をビューから開く場合はどうでしょう?
ビューをDomino Designerで開き、「対象フレーム(ダブルクリック)」を選択します。 そこにどこのフレームで表示させたいかのフレーム名を入力します。 ここには@式を記述することが出来るので、プ…

@Command([EditDocument])を使うときの注意事項

イメージ
皆さん、こんにちは。
今日は備忘録な内容です。 なので、スルーしてくださって結構です。

@コマンドおよび@関数の動作についてです。 フレームセットを使ったNotes アプリケーションを作成していて、発生したものです。
@SetTargetFrameを使って、フレーム名を指定して、そこに文書を編集状態で表示したかったのです。 なので、ビューのアクションに @SetTargetFrame("フレーム名"); @Command([EditDocument]) という式を書いて保存、実行しました。
ところが・・・ なんとまぁ、文書は新規タブで表示されるじゃありませんか!?
ビューを配置してあるフレームと同じフレームに文書を表示させようとしていたので、それが悪かったのかな?と思い、別のフレーム名をセットし直してテストしてみましたが、結果はやはり同じで、新規タブに表示されてしまいます。
うーん・・・
ここで、ふと
@Command([EditDocument]) には引数が指定できることを思い出しました。 @Command([EditDocument];1) とすることで、明示的に編集モードで開きなさい。 とできます。
ということで、 @SetTargetFrame("フレーム名"); @Command([EditDocument];1) と式を書き直しました。

すると・・・ どうでしょう。 指定したフレーム内に文書が編集モードで表示されるではないですか!
引数は省略しないで書きましょう。 という教訓でした・・・

でも・・・
@Command([EditDocument])のノーツとブラウザでの利用方法の違い
で書いたように、Webでは引数ありだと使えないんですけどね。 まぁ、Webでフレームセットを使うようなことはもうないと思うので、放置です(^^;





それでは今日はこの辺で・・・








Notes/Dominoで困ったことがあれば、弊社にお問い合わせください。
HCL Ambassadorの私が承ります!
お問い合わせはこちらから→

Domino VoltにぐるなびAPIを組み込んでみた

イメージ
皆さん、こんにちは。 今日もDomino Voltのアプリについての解説をしていきます。
テクてくLotus技術者夜会で紹介した「ぐるなびAPI」を使ったアプリの解説です。 ぐるなびAPIは ぐるなび Web Service でアカウントを登録することで利用可能になります。 無料で登録できるので、学習用にはもってこいでしょう。


1.ぐるなびWeb Serviceの確認 まずは、ぐるなび Web Serviceについて見ていきましょう。 ぐるなび Web Serviceは多くのAPIが用意されていますが、今回利用するのは「レストラン検索API」です。 レストラン検索APIは、その名の通り、ぐるなびに登録されているレストラン(飲食店)の情報を取得してくれるものです。 データは、JSON形式で返ってくるので、Domino Voltの「サービスの呼び出し」にも対応していることが分かります。
レストラン検索APIの実行方法は、決められたURLにパラメータを付与して、Getリクエストを発行します。 すると、結果がJSONで返ってきます。 パラメータには、店舗名や電話番号、住所などが設定できます。
API テストツールにて試すことが出来るので、Domino Voltに組み込む前にテストをしておきましょう。


2.Domino Voltに組み込む (1)パラメータの決定 では、Domino Voltに組み込んでみましょう。 APIで利用するパラメータは key address freeword としました。 このうち、「key」はAPIを実行するのに必要なものです。ぐるなび Web Serviceに登録するとアクセスキーが発行されますので、それを指定します。
「address」は住所です。APIの仕様によると、「(都道府県+市町村+番地)の文字列をUTF-8でURLエンコードすること」となっていますが、Domino Voltの場合は気にする必要はありません(すごいよね)。 freewordは検索用のキーワードです。

(2)入力用フィールドの配置 まず、Domino Voltでアプリケーションを新規に作成します。 そうしたら、「単一行エントリー」を2つ配置します。
フリーワードは「ジャンル」という名前にしておきました。
(3)戻り値用の表の配置 次に、返ってきた値を表示させる必要があります。 表示させる値は、今回は「店名」「住所」「電話番号」「店の…

Domino Voltで作成した"ファイルダウンロードサービス"アプリケーションの紹介

イメージ
*** This article translated Introducing "File download services" application with Domino Volt into Japanese.
*** この記事は、Introducing "File download services" application with Domino Volt を日本語に翻訳したものです。

皆さん、こんにちは。
先日は、テクてくLotus技術者夜会にご参加いただきありがとうございました。
テクてく Lotus 技術者夜会: 資料
から資料がダウンロードできますので、ご確認ください。

さて、今日はテクてくで紹介したDomino Voltアプリケーションのうち、「ファイルダウンロードサービス」について詳細を説明します。


1.概要「ファイルダウンロードサービス」は、ファイルを添付した文書のURLを相手に送信して、そこからファイルをダウンロードしてもらうというものです。
サイズ制限があって、ファイルをメールに添付することが出来ない場合や、関係者以外には見られたくない場合に使います。
このアプリケーションは以下の機能を有しています。
ファイルを添付できる送信先のメールアドレスを設定できるファイルをダウンロードする際のパスワードを設定できるファイルのダウンロードの有効期限が設定できるこのアプリケーションをDomino Voltで実装してみました。


2.完成したアプリケーションまず、どのようなアプリケーションになっているのか、画像を見ながら説明します。
(1)アプリケーションを起動すると、このような画面が表示されます。

「タイトル」には、どのようなファイルなのかの説明を入力します。
「送信ファイル」は、ダウンロードしてもらうファイルを添付します。
「送信先メールアドレス」は、ファイルを送信したい相手のメールアドレスを入力します。
「パスワード」はファイルをダウンロードする際のパスワードを入力します。入力した内容は見えないので、2回入力するようになっています。

(2)入力したら[保存]ボタンをクリックします。

正常に保存されると、以下の画面になります。
そうしたら、この画面を閉じます。


(3)送信先メールアドレスのメールファイルをチェックします。
メールが2通届いていれば正常…

Introducing "File download services" application with Domino Volt

イメージ
I introduced my Domino Volt application by tech-tech night school.
I will explain the detail of "File download services".

1.Overview"File download services" application is to send the URL of a document with a file attached to another person and they have download file from there.
This application is used you cannot attach the file to email or when you don't want anyone else to see it.

This application has some functions below.
* It can attach the file.
* you can set the receipent's email address.
* you can set the password to download the file.
* you can set the expired date to download.


2.Description of the completed applicationFirst of all, I will explain the application content with the image.
(1)The following image is when application started.
In "Title", enter a descripition of the file.
In "Filed to send", attach the file to be download.
In "Destination email address", enter the email address to send the file.
In "Password", …