Voltアプリケーションにデータをインポートしてみよう

皆さん、こんにちは。
気温の寒暖差が激しいので体調管理には気をつけましょう。
適度な水分補給も忘れないように。

さて、今日はDomino Voltの話題です。

Domino Voltはアプリケーションの作成方法として、
・一から自分で作成する
・Excelファイルをインポートして作成する
・誰かが作成したアプリケーションをインポートして作成する
Voltアプリケーションの作成方法
Voltアプリケーションの作成方法

という3つの方法があるのはご存じでしょう。

では、すでに作成したアプリケーションに対してデータをインポートする方法はあるのでしょうか?
その方法と注意点について触れていきます。

まずは、Voltアプリケーションを作成します。
テストなので、ワークフローなどの動きはなく、単なるデータを保存するためのものとします。
アプリケーションの設計画面
アプリケーションの設計画面

商品名、日付、金額、消費税
の4項目からなるアプリケーションです。
ちなみにそれぞれのIDは
商品名(F_ItemName)、日付(F_Date1)、金額(F_Amount)、消費税(F_Tax)
としています。
このIDは後ほど使うので覚えておきましょう。

アプリケーションが作成できたら、「デプロイ」を行います。
アプリケーションのデプロイ
アプリケーションのデプロイ


デプロイが成功したら、[データの表示]をクリックして、ビューを表示します。
データの表示
データの表示

当然のことながら、データは一切存在しません。
通常であれば、[起動]ボタンをクリックして、データを作成していくのですが、今回はデータをインポートしてみます。
画面をよく見ると、[データのインポート]というボタンもあることに気がつきます。
このボタンをクリックしてみます。
データのインポート
データのインポート

このようなダイアログが表示されるので、Excelファイルを選択して[次へ]をクリックすれば良いのでしょう。

ですが、まだExcelファイルを作成していません。
ということで、
こんなExcelデータを用意してみました。1行目は項目名を設定する必要があるので、IDを入力してあります。
Excelデータ
Excelデータ

では、再度「データのインポート」を試してみます。
Excelファイルを選択して、[次へ]をクリックします。
スプレッドシートの検査中
スプレッドシートの検査中

すると、Excelファイルを読み込んで検査を行います。
列の構成に問題がなければ、取り込みの準備になります。
データのインポート準備
データのインポート準備

では、[インポート]をクリックします。
データのインポートが成功すると、以下のようなダイアログが表示されます。
インポート成功
インポート成功

ここで、[OK]をクリックすると、ビューが更新されて取り込まれたデータが表示されます。
データ付きのビュー
データ付きのビュー

これで既存アプリケーションにExcelからデータをインポートすることが出来ました。
複数のExcelファイルになっているけど、一つのVoltアプリケーションで管理したいという場合はこれで対応できるでしょう。

最後にデータをインポートする際の注意点について触れておきます。
・1行目は必ずフィールドのIDを入力したタイトル列になっている必要がある。
・1行目のIDがVoltアプリケーションに存在しない場合、その列のデータは取り込まれない。
 ※ただし、全列のIDが存在しない場合はExcelファイルのチェックの段階でエラーになるので注意!
・データ型は実際にデータをインポートするときにチェックされる。Excelファイルを選択して、[次へ]をクリックした段階ではチェックされない。
・データに問題がある場合(日付列に数値が入力されているなど)、データのインポート時にエラーになって、その行以後のデータは読み込まれない。
 ※全10行のデータがあり、5行目だけにエラーがあった場合、1-4行目のデータだけが取り込まれる。


具体的にどのようなエラーが表示されるのかについては、各自試してみてください。
もうすぐ、Domino Voltの新バージョンがリリースされるはずです。そのバージョンでは、匿名アクセスやNotesアプリケーションとの直接のやりとりなどができるようになり、いよいよ本格的に業務で使えそうなアプリケーションを作れるようになるでしょう。


まだ間に合いますので、勉強しておきましょう!
※面倒だという企業様は弊社にご依頼いただければ、商談に応じますよ(^^



それでは今日はこの辺で・・・








Notes/Dominoで困ったことがあれば、弊社にお問い合わせください。
HCL Ambassadorの私が承ります!
お問い合わせはこちらから→Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ


コメント